詰備会オンライン参加記

本日の記事は、5月4日(月)に開催された詰備会オンラインの参加記です。
正式名称が「詰備会オンライン」か「オンライン詰備会」か、はたまたそれ以外かは不明ですが、平井さんの表記に従いました。

5月と11月の年2回開催される岡山市の会合、詰備会。
5月は2017年から3年連続で参加していましたが、今年は3日に予定されていたものの中止となってしまいました。
その代替として、小林(尚)さんが中心となり、Discordのサーバ「詰オンライン」のチャンネルに集いました。

12時55分過ぎに入室。
会の最初の方は、参加者の作品を解いたり、解説したりが主でした。
馬屋原さん作や、kisy一族作が多かった印象です。

14時前からは作品展投稿作の解説。平井さんから詰将棋パラダイス編集部へ送付済とのことで、掲載予定作の確認という色が強かったでしょうか。
13時過ぎに並べられた作品を除く3作が、作者解説も交えて紹介されました。

20分程度で解説が完了し、作品披露とproblemといった2つのチャンネルに参加者は分かれました。
problemチャンネルは、この春に岡山の大学へ進学されたシナトラさんが主導の様子でした。
私は作品披露チャンネルにおり、黒川(和)さん(私の記憶では、まだお会いしたことはありません)や小林(尚)さん、津久井さんの作品を鑑賞していました。

いつしか、作品披露チャンネルに参加者が集中するようになりました。
馬屋原さんのストックの豊富さは、目を見張るものがありました…。
17時30分頃、お開きとなりました。
参加者は、10名台半ばだったように思われます。

ばら寿司を食べられなかったのは残念でしたが、外出を控える中で一服の清涼剤のような集まりでした。
小林(尚)さん・平井さん、ありがとうございました。
11月はふかふかのソファに座りつつ、会合ができれば理想ですね。

0 Comments

Leave a comment