時にはこらえることも…

新型コロナウイルス感染の広がりが見られること、体調が万全でないことから、2月29日(土)開催の詰とうほく、3月1日(日)開催の駿棋会への参加を見合わせることとしました。
会合参加が楽しみの一つである私としては、非常に残念な気持ちです。

万全の状況でも片方のみの参加だったかもしれませんが、両方とも断念せざるを得ないとは。
電話参加なら…と未練がましい考えも脳裏をかすめます。
碩学にお目にかかる機会の一つを失うことは辛いですが、次があると前を向くこととしましょう。

平熱で咳も出ていないため、新型コロナウイルス感染の可能性は低いと思われます。
辛抱の時ということで、食事・睡眠・手洗いに気をつけ、体調の回復に努める所存です。
詰パラ3月号が本日届きましたし、入手したものの手つかずの資料を読む時間に充ててみますかね。
後は、いい加減Kifu fot JS対応を加速させなければなりません。

「会合には参加できなかったけれども、充実した2日間だった」と言えるようにしたいものです。
状況が好転した際には、集いへの参加を楽しみにしています。

0 Comments

Leave a comment