詰将棋パラダイス2014年1月号 ちょっとした感想

本日は詰将棋パラダイス1月号のちょっとした感想を書きたいと思います。
私の都合により昨日、ようやく手に取ることができました。

昨年は素晴らしい作品が多く、看寿賞は4年振りに短・中・長編部門全てで出るのではないでしょうか。
今年も実りある一年となることを願っております。
(特別出題を見てみたいという気持ちもあります、解けませんが…)

今月の詰将棋
小学校は指将棋の強豪でもあられる水谷氏・高等学校は看寿賞作家の仲西氏が新担当に就任。
(もちろん)期待させていただきます。

橋本守正氏逝去
詰将棋パラダイスへの入選200回超、ベテランがまたしても鬼籍に入られてしまいましたか。
昨年も作品を発表、最期まで現役作家として活躍されました。
ブログで大道棋の出題もされていましたね。
不勉強で恐縮ですが、氏の作品を掲げたいと思います。


橋本守正氏作 詰将棋パラダイス昭和40年9月号
半期賞受賞

お悔やみ申し上げます。

結果稿
短期大学
11歳で奨励会2級に在籍の藤井氏が詰将棋パラダイスデビュー。
非凡との評判で、評点にも短評にもそれが出ています。
大学院
余詰は残念ですが、修正可能というのは幸いですね。
月間首位(と現在は言わないかもしれませんが)は、小学校から大学まで宮原・武島・武島・藤井・鈴川の各氏。
若手パワーをひしひしと感じます。

詰四会作品展・九州G作品展の結果稿を拝見していると、次の作品を思い浮かべました。


六車家々氏作 詰将棋パラダイス昭和51年11月号
半期賞受賞

0 Comments

Leave a comment