雑文(2021年4月)

本日の記事は、先月に続いて雑文の詰め合わせです。
中には、先月の話題もありますが。

詰将棋解答選手権オンライン開催
4月10日(土)、詰将棋解答選手権初級戦・一般戦がオンライン会場で実施されました。
結果は以下の通りです。
初級戦 参加者568名 全問正解者318名
一般戦 参加者312名 全問正解者61名
多くの方のご参加、誠にありがとうございました。
詰将棋パラダイス6月号にも掲載される予定です。

看寿賞推薦
「詰パラ2021年3月号 ちょっとした感想」でも触れた看寿賞推薦、今年も投票しました。
短編・中編・長編で原則1作ずつ、最も優れていると思った作品に投票しています。
何をもって優れていると思うかは、年によって異なる感が否めませんが…。
1回だけ原則を破ったことがあります。
2015年の長編はどうしても1作に絞ることができず、岡村孝雄氏作「来たるべきもの」と田島秀男氏作(四桂連合の繰り返し)の2作に投票しました。
決め手がないため2作ではなく、2作とも受賞級との思いでした。
結局、投票した2作に加えて、田島氏の知恵の輪作品の3作が受賞しました。

詰将棋の世界
齋藤夏雄氏が3月に日本評論社から出版した「詰将棋の世界」。
増刷が決まったそうで、大変喜ばしいですね。
感想を書こうと思いつつ1か月が経過してしまいましたが、ゴールデンウィーク中に完成したいものです。
掲載は当ブログ以外の場所を予定しています。

図式全集 将棋妙案 橘仙貼壁
「将棋無双」「将棋図巧」に続く第3弾が、マイナビ出版から4月15日(木)に発売。
書籍5720円、PDF5148円と決して安くはありませんが、手元に置いてじっくりと楽しみたい1冊です。
果たして第4弾はあるのでしょうか。

ちえのわ雑文集
現時点で掲載決定済の原稿はありません。
17字×114行、全日本詰将棋連盟ホームページにも掲載いたします。
5月5日(水)までに投稿頂き、掲載可能と判断した場合は、6月号に掲載される可能性があります。
可能な限り多くの方の文章を載せたいと考えていますので、ご投稿を心よりお待ちしています。

0 Comments

Leave a comment