「近代将棋」詰将棋コーナー目録(1999年)4

本日の記事は、近代将棋誌の詰将棋コーナーで1999年に発表された作品の目録、4回目です。
※一部、詰将棋コーナー以外の作品も含みます
※「○○賞」と記載がある作品は、塚田賞を受賞しています

1999年10月号(通巻第595号)
銘駒・銘盤 懸賞詰将棋
詰将棋シアター
1 入選4回 東京 関則可 11手詰
2 入選10回 埼玉 金子秀治 11手詰 ※入選23回
3 入選39回 神奈川 野村量 17手詰
4 第444回 愛知 植田尚宏 21手詰
5 入選15回 広島 流田義夫 21手詰 ※入選25回
6 入選3回 愛知 城傳人 39手詰 ※解説時は「傅人」と表記も
7 入選6回 大阪 梅本拓男 41手詰 ※入選5回
8 入選6回 東京 今村修「雪よりアイス」 83手詰 ※入選7回

1999年11月号(通巻第596号)
銘駒・銘盤 懸賞詰将棋
詰将棋シアター
1 入選40回 神奈川 野村量 11手詰
2 第445回 愛知 植田尚宏 13手詰
3 入選10回 埼玉 大野雄一 13手詰 ※入選2回
4 入選6回 東京 三角淳 15手詰 ※入選8回
5 入選2回 愛媛 吉田淳二 19手詰
6 入選16回 広島 流田義夫 23手詰 ※入選26回
7 入選30回 東京 角建逸 35手詰 ※入選26回
8 入選60回 群馬 北川明「細雪」 109手詰 長篇賞

1999年12月号(通巻第597号)
銘駒・銘盤 懸賞詰将棋
詰将棋シアター
1 入選7回 京都 金子義隆 9手詰 ※入選5回
2 入選63回 群馬 北川明 11手詰
3 第181回 埼玉 柏川香悦 11手詰
4 入選3回 和歌山 熊野鵄光 13手詰
5 第250回 群馬 桑原辰雄 13手詰
6 第446回 愛知 植田尚宏 17手詰
7 第377回 東京 北原義治 27手詰
8 入選7回 大阪 梅本拓男 57手詰 ※入選6回

10 Comments

EOG  

城傅人は橋本守正さんのペンネームでしょうか?

2021/01/27 (Wed) 12:11 | EDIT | REPLY |   
谷川幸永  

誤字では?

[誤]城傅人
[正]城傳人
だと思います。
理由:
(1)T-Baseのデータ
(2)読みは「たち・つてと」か?

2021/02/02 (Tue) 03:57 | EDIT | REPLY |   
谷川幸永  

たちつてと氏

ついでに、関係しそうな棋名を紹介しておきましょう。
◆太刀伝人:詰パラ
 ①11手1976.10中学校
 ②21手1977.03懸賞百人一局
 ③11手1977.04カンパ
 ④57手1987.01院「機織り」
◆城傳人:マガジン
 ⑤13手1983.09
◆城伝人:近将
 ⑥3手1984.04・3手の詰み

2021/02/02 (Tue) 04:08 | EDIT | REPLY |   
谷川幸永  

城◯人

再補足は少しみっともないですが……。
状況はもう少し複雑そうです。
標記に該当するT-Baseのエントリーをまとめてみました。
[凡例]◯に入る一文字を示す。但し、◇=傳、◆=傅
①◇ 将マ1983.09 13手
②弘 近将1983.09 3手
③伝 近将1984.04 3手
④博 近将1999.09 9手
⑤◇ 近将1999.10 39手
⑥◆ 近将2000.04 19手
⑦◆ 近将2000.09 25手
⑧◆ 近将2001.01 25手
⑨◆ 将世2001.04 15手
⑩◇ 近将2003.07 19手
⑪◇ 近将2007.06 21手
⑫◇ 近将2007.07 21手
以上

2021/02/03 (Wed) 04:14 | EDIT | REPLY |   
hirotsumeshogi
hirotsumeshogi  

EOGさん

私が確認した限りでは、お二人が同一人物であることを示す資料は見つかりませんでした。

2021/02/03 (Wed) 23:29 | EDIT | REPLY |   
hirotsumeshogi
hirotsumeshogi  

谷川さん

傅と傳が異なる字だとは、ご指摘頂くまで気づきませんでした。
また、近代将棋やT-Baseは、誤りを含む可能性が否定できないため、そのまま採用するには躊躇するところです(私も単純ミスが少なくないので、より正確と申し上げたいわけではありません)。

1999年の2回分について確認したところ、傳人表記の方が多い結果となりました (博人は誤植とみなしました)。
そのため、ひとまず傳人で統一し、傅人表記が増えた場合は対応を検討いたします。
どちらの方が正しいという記載があればはっきりしますが…。

なお、太刀伝人さんは、この名義の方が本名より知られていると、ある方に伺った記憶があります。
城傳人さんがペンネームという証拠は、私が知る限りではありませんので、何とも言えないところです。仮に橋本守正さんのペンネームだとすると、別人ですね。

2021/02/03 (Wed) 23:49 | EDIT | REPLY |   
EOG  

No title

ありがとうございます。
おもちゃ箱の2009年年賀詰展示室で橋本さんのブログに城傳人作が載っていたようなのでお尋ねしてみました。
http://www.ne.jp/asahi/tetsu/toybox/kinen/kinen011.htm

2021/02/05 (Fri) 15:27 | EDIT | REPLY |   
hirotsumeshogi
hirotsumeshogi  

EOGさん

リンク先の44を拝見すると、橋本守正さんとの同一人物説も頷けます。
「凡爺の詰めバカ日誌」新春戯作がYahoo!ジオシティーズのサービス終了により、閲覧できないのが残念ですね。

2021/02/07 (Sun) 15:40 | EDIT | REPLY |   
おかもと  

年賀詰

詰将棋メモの「2009年年賀詰」 http://toybox.tea-nifty.com/memo/2008/12/post-4698.html をみると、次のようになっていました。

> 城傳人さんの新春戯作
> 2009年1月8日、凡爺の詰めバカ日誌で、新春戯作
> 「城傳人さんの年賀状に載っていた年賀詰です。 ・・・」

> もう一匹のクーロン牛
> 2009年1月30日、凡爺の詰めバカ日誌で、3週間ぶりの更新
> 「・・・ 12年先まで生き延びておれないかも知れませんので、大した作ではありませんが、もう一匹のクーロン牛を載せておきます。これは田舎産です。ご笑覧あれ。」

城傳人さんの作品は「2009年年賀詰展示室」http://www.ne.jp/asahi/tetsu/toybox/kinen/kinen011.htm の44で、これはウ→シの立体曲詰。
凡爺こと凡骨生(橋本守正)さんの作品は「2009年年賀詰展示室」の49で、こちらは「丑」の初形曲詰(配置が中央ではない田舎の曲詰)。

凡爺が「3週間ぶりの更新」で「もう一匹のクーロン牛」と書いているのは、城傳人の作品が自作であることを暗示しているのでは。

2021/02/17 (Wed) 16:06 | EDIT | REPLY |   
hirotsumeshogi
hirotsumeshogi  

おかもとさん

詰将棋メモを確認しました。
橋本守正さんと凡爺(凡骨生)さんは同一人物ですから、確かに城傳人さんとも同一人物と言えますね。
ご指摘ありがとうございます。
掲載元や本人の事情により、10年少々前のものでも閲覧困難となるインターネット情報のはかなさと、記録を残すTETSUさんの偉大さを再認識しました。

2021/02/19 (Fri) 00:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment