続・塚田賞作品の魅力(5)(近代将棋平成7年6月号)②

今回は中篇部門を取り上げます。
第55期(昭和55年1~6月号)

中篇賞 添川公司作


添川公司作(昭和55年3月号) 詰手順
1七角 6二飛合 8三桂 8一玉 9一桂成 同玉 8二角 8一玉 7一角成 同玉
6二角成 同玉 6三飛 7一玉 8二龍 同玉 7四桂 7一玉 6一飛成 同玉
6二金まで21手詰
初手1七角!狙い澄ましたこの遠角が本作の主眼手なのです。ところが、その後の作意手順を追っても、その意味が判りません。
では、仮に初手4四角と打つとどうなるでしょう。6二合なら、作意のように8三桂‥9一桂成‥5五角と進めて7三合、8二角、8一玉、7三角成、8四と、8二馬まで(6二香合から6四合でも同様)の詰みですが、4四角には5三香合(紛れ図)

紛れ図(5三香合まで)
第55期添川氏作

とされて(8三桂以下、先程の手順では5五角を同香と取られる!)、同角成、6二香合‥で、やはり6四角と引けません。初手の角打ちをもっと離しても、玉方に香の中合を連打されると同じです。
ところが初手を1七角と最遠打にすると、玉方に五本の香がなければこの防ぎは出来ません。遠角はこのためなのです。
そこで玉方は一転して6二飛合。これも7手目2八角と引けば7三歩と突き出して逃れようという妙防ですが、7手目からは8二角‥7一角成‥6二角成‥とこの飛車を奪って詰ませる筋に入ります。
作者は前期の若島正氏の受賞作(遠飛移動による四桂連打防止)をヒントに作られたそうですが、すっきりとした構成が見事で、第19期看寿賞も併せて受賞しました。
伊藤果「遠角のアイデアが抜群。上田吉一氏の『オーロラ』のテーマを巧く逆利用した手腕は立派」
岡田敏「遠角とその意味付けの四香連捨合は面白く、抜群の出来栄え」
北原義治「スケール雄大な構想。よくこの手数でまとまった。もう少し手数を伸ばした方が自然となったとも言えそうだけど‥」

新人賞 明石六郎作


明石六郎作(昭和55年6月号)
2一金 ②同飛 1二歩成 同玉 1四香 1三角合 同香成 同玉 2四角 1四玉
3五角(途中図)

途中図(11手目3五角まで)
第55期明石氏作

3四金合 2四金 同金 同飛 1三玉 1四飛 2二玉 1二飛成 同玉
1三金まで21手詰
短篇のような簡潔な配置と侮ると、1二歩成、同玉、1四香、2二玉、1三香成、同玉、2四金、2二玉‥などの紛れに迷わされます。
作意は4一飛に狙いをつけた2一金(②3二玉なら3四香、3三合、3一金打‥、3三玉なら3四金、3二玉、3三香‥)で同飛と呼んでから1二歩成‥1四香。これには角合の一手で、その角を2四に打って3五へ引いた途中図で3四金と軽妙な捨て合がとび出します。以下は飛車を押し売りして収束。一分の隙もない完成品と言えます。
岡田敏「3五角のあき王手に対して3四金の中合をする手順は実に見事。初入選とは思えぬほどの完成された作」
植田尚宏「あまりにも旨く出来ているのに目を見張らされた。初手から手順の妙を見せ、合駒・限定移動からソツのない収束に至るまで間然するところがない」
北原義治「やや小粒で類型的だが、まとまりは抜群」
伊藤果「稀に見るほど、全体的にセンスの良さが溢れている」



添川氏作の解説中で触れられていた上田吉一氏作「オーロラ」を掲げておきます。


有名な四香連合の名作。
近代将棋昭和48年5月号に詰吉名義で発表、第41期の塚田賞長篇賞を受賞しています。
「近代将棋図式精選」長編の部第109番・「極光21」第65番に収録されております。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hirotsumeshogi

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用させています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR