続・塚田賞作品の魅力(4)(近代将棋平成7年5月号)②

今回は中篇部門を取り上げます。
第54期(昭和54年7~12月号)

中篇賞 若島 正作


若島 正作(昭和54年12月号) 詰手順
9七飛 ②3七歩合 同馬 1七玉 3八馬 5七歩合 同飛 3七角合 同飛 2六玉
2七飛 1五玉 2四銀打 1四玉 1五歩 同と 同銀 同玉 2四銀生 1四玉
1三銀成 同玉 2二角 1四玉 1五歩 同玉 3三角成 同銀 1六歩 同玉
1七香まで31手詰
初手、いきなり9七飛と遠くへ振るのが本局の主眼手ですが、その意味はちょっと分かりません。仮に8七飛とするとどうなるのでしょうか?これには②3七桂合、同馬、1七玉、3八馬のとき、7七桂合、同飛、6七桂合、同飛、5七桂合、同飛、3七角合(紛れ図)

紛れ図(3七角合まで)
第54期若島氏作

となり、以下2八銀、1八玉、2七馬、2九玉…で詰みません(もし玉方が2手目に歩合をしていると、紛れ図から3七同飛、2六玉、2七飛、1五玉、2四銀打、1四玉、1五歩、同と、同銀、同玉、1六歩、同玉、2四飛、1五玉、2七桂、1六玉、3五桂…の詰み筋があります)。これが初手の9七飛の意味。つまり、ここだと連続捨て合の桂が一枚不足するので、どうしても歩合をしなくてはならなくなるという訳なのです!
そこで初手9七飛には最初から3七歩合。同馬以下、同じように手を進めて、3八馬のとき、一旦5七歩合で飛車を引きつけてから3七角合をします(紛れ図と同じ局面で、持駒が銀歩歩)。以下は収束で、1三銀を2二角に打ち換え、3三香を取って終わります。
この七段目に桂の連続捨て合をする構想は、第22期長篇賞に輝いた山田修司作(昭和38年11月号、63手詰)がオリジナル。本局はその筋を紛れに隠し、飛車の遠開きの理由付けに利用した作品です。
岡田敏「初手9七飛と最遠地へ開き王手をして、桂と角の捨て合をさせない構想が良い。6手目の5七歩の中合も旨く、以下まと(め)も巧妙」
吉田健「”構想物”の真髄をマザマザと見せつけてくれた。それも大技である。意味付けが複雑すぎる恨みはあるが、力量に敬意を表する」
植田尚宏「形が重苦しいのと初手に比重の掛かり過ぎた点、気になった」


新人賞 新ヶ江幸弘作


新ヶ江幸弘作(昭和54年11月号) 詰手順
3七馬 ②2八銀合 4九飛成 ④2九銀打 同龍 同玉 5九飛 3九銀打 3八銀
1八玉 2七銀 1九玉 3九飛 ⑭2九銀打 同飛 同玉 3八銀打 1九玉
2八馬 同玉 3七銀打 1九玉 2八銀打まで23手詰

詰上り図
第54期新ヶ江氏作

まず初手3七馬に②2八歩合は、5九飛、2九銀合(1八玉なら1三飛成…1九飛…1七龍…)、同飛、同玉、4九飛成、3九銀合、3八銀、1八玉、2七馬、1九玉、2九龍以下。②金合は、4九飛成、2九金打、2八馬、同玉、3八金、1九玉、2九龍以下。②角合は、同馬、同玉、4八飛成、3八銀合、7三角、2九玉、3八銀、同玉、3七角成以下。これで銀合が最善となります。
3手目4九飛成にも2九銀打の合。④金合だと、2八馬、同玉、5八飛、3七玉、4六銀、3六玉、3八飛、2五玉、2九龍以下の早詰です。
7手目5九飛にまたもや3九銀打の合駒。今度は取らないで3八銀…2七銀と活用し、1九玉に3九飛で四度目の銀合が出ます(⑭2九角合では同飛、同玉、8三角、1九玉、2八馬、同玉、3八角成以下)。
このあとは四枚の銀だけでの鮮やかな詰上り。盤上にも持駒にも銀のかけらもなかった初形から四銀の詰上りが出現するとは!しかも僅か四枚の置駒だけでこれを達成したのですから、マジック・ショウを見ている感じです。新人によるこの夢のような名作はその年の「看寿賞」をも受賞しました。
柏川悦夫「この四銀詰には家元の小生も真っ青」
植田尚宏「この詰上りは前例はあるが、強引な捌きと最初からそれを気付かせない配置など、秀逸。ただ趣向ゆえ、妙手がないのは仕方ないか」
岡田敏「素晴らしいアイデアで、形も良いが、詰将棋の本道である捨駒がないのが減価となる」



「近代将棋図式精選」中編の部においては、若島氏作が第120番、新ヶ江氏作は第119番に収録されています。

若島氏作で紹介されている山田修司氏作を掲げておきます。


「近代将棋図式精選」長編の部第44番、「夢の華」第42番に収録されています。

また、若島氏の作品集「盤上のファンタジア」において、改良図(第53番)が発表されておりこれも載せておきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hirotsumeshogi

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用させています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR