続・塚田賞作品の魅力(3)(近代将棋平成7年4月号)②

今回は中篇部門を取り上げます。
第53期(昭和54年1~6月号)

中篇賞 上田吉一作


上田吉一作(昭和54年1月号) 詰手順
1四角成 同銀 2四銀 2五玉 ⑤2六歩 ⑥同玉 3五銀 1五玉 2四銀 2六玉
2七歩 2五玉 4五龍 3五歩合 2六歩 同玉 3五銀 1五玉 2四銀 2六玉
2七歩 1六玉(途中図)

途中図(22手目 1六玉の局面)
第53期上田氏作
5六龍 3六角成 ㉕1七歩 2五玉 3六龍 同龍 1六角 同龍 3五とまで31手詰
1四角成から2四銀と打ち、⑤3五龍は1六玉で打歩詰の形。このようなときは4六龍とソッポへ捨てるのが手筋ですが、同龍で3五へ利いてしまいます。そこで2六歩と突き出して(⑥同龍は3五龍‥)3五銀2四銀と往復し、3五歩が消えたところで一旦4五龍と引く。3五歩の捨て合に、再度2六歩突きから銀の往復をすると暫く〔原文ママ〕途中図の形になり、作者の狙いである5六龍(大ゲイマのソッポ行き)が実現しました。
しかし、これで終わらないのが本作の凄いところ。ここで3六角成という変則移動合が入ります。これを見つけてホッとし、㉕同龍、同龍、1七歩、2五歩、1六角で足を掬われた解答者も多かったはず。㉕3六同龍には2六銀合の妙防が用意されているのです!
このように、本局は絶妙の構想を完璧な手順で表現した傑作。選考委員全員の満票を得たのは珍しいですが、当然でしょう。
北原義治「巧緻にして鋭角的な仕上がり」
植田尚宏「旨い手がギッシリ詰まっている感じ。詰棋の面白さが充分に出ている」
岡田敏「奇術を見ているような手順で、間然する所がない。銀の動きにつれて微妙に局面が変化して行き、収束も龍・角捨てで締め括るあたり、傑作と思う」
吉田健「一つの狙い(龍の大ソッポ行き)を実現するための舞台装置、振付け、全て完璧。この作者の持ち味であるまろやかな手順運びが楽しさを倍加している」
伊藤果「何か巧すぎる感じがして、言葉が出ない。完成度は百パーセント」


次点 柏川香悦作


柏川香悦作(昭和54年1月号) 詰手順
2四桂 ②同歩 4二金 同玉 3一銀 同角 4一金 3二玉 3一金 2二玉
3二金 2三玉 2二金 同玉 3一角 3二玉 2二金 4三玉 4二角成 同玉 
4一角成 4三玉 3二馬まで23手詰
初手2四桂に②同角は、3一金、2二玉、2一金、同玉、3一金、1二玉、2一銀、1三玉、2五桂以下。続く4二金から3一銀の心地よい複合捨駒で角を呼ぶ序奏のあと、4一に打った金が単騎で玉を追い始めます。3一角からの収束も鮮やかで、典型的な柏川流実戦型中編の秀作です。
吉田健「実戦型からこんな軽妙な金の運行がくり出されようとは!メリハリのつけ方も流石で、格調もまた申し分ない」


次点 桑原辰雄作


桑原辰雄作(昭和54年6月号) 詰手順
1四金 ②同玉 2五銀 ④1三玉 1四飛 2二玉 2三馬 同金 3四桂 同金
2三歩 同玉 2一龍 2二銀引 3四銀 1四玉 1一龍 同銀 1六香 1五合
2六桂 2四玉 2三金まで23手詰
誰もが1四銀から2五金としたくなる形で先にを捨てて2五銀を盤上に残すのが本局の主眼。④1五玉と躱す変化(1七飛、1六歩合、同銀、1四玉、2五銀‥)もその効果を高めています。
2三馬と切る辺りから豪快な桑原流の手順になり、龍で桂香を奪ってアクロバティックな詰上り。二手目にも②1二玉、1三銀、同桂、同金、同玉、1一龍‥や②2二玉、2三馬、同金、3四桂、1二玉、1三歩、同金、2二飛‥と、作者らしい変化を含み、桑原氏の代表作の一つでしょう。
伊藤果「初形、手順のバランス、変化、どれを取っても見事な配分で、秀れた一作」



上田氏作は「近代将棋図式精選」中編の部第118番、「極光21」第25番に収録されています。
柏川氏作は「詰将棋半世紀」盤上流転第95番に収録されています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hirotsumeshogi

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用させています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR