第97回詰とうほく参加記

本日の記事は、2月2日(土)に開催された第97回詰とうほくの参加記です。
前回は大阪から夜行バスでしたが、今回は新幹線で仙台入り。
会場「青葉区中央市民センター」はいつもとは逆、仙台駅の西口方向にあります。

かつてよく歩いた青葉通りを西へ進み、迷うことなく12時50分過ぎに到着すると、フリースペースに佐原さんと利波さんが既にいらっしゃいました。
ヤフオクに出品されている書籍が話題となっていました。

13時頃に鍵を借り、和室へ。
先程の書籍について、写真から図面を並べ、データと照らし合わせる作業が行われました。
見つからない作品もあれば、古典の同一作や類似作もあり。
明治時代の新聞掲載を写したものではないかという仮説が挙がりましたが、果たしてどうなのでしょうか…。

14時からは、加藤さんによる年賀詰鑑賞会。
休憩を挟み、15時45分頃まで行われました。

年賀詰鑑賞会の後は、伊藤果八段の新刊「絶品! 4×4マスの詰将棋」や詰将棋パラダイス2月号掲載の金子義隆さんによる、越智コレクション調査記事について話し合われました。

名刺は今回も持参しており、お二方に渡すことができました。

参加者は10名。二桁は久し振りかもしれませんね。
本記事を書いていてそういえばと思ったのは、半数が東北以外の参加者ということでした。

二次会は、以前利用していた居酒屋へ。
メニューが変わっており、名物?のシャカシャカポテトは姿を消していました。
以下のような話題が交わされました。

・石田三成のお茶
・年賀詰の元祖
・新人コンクール
・酒場放浪記
・最も長い担当者
・全詰連幹事の地区代表

19時前にお開きとなり、慌ただしく新幹線で仙台を後にしたのでした。



次回は5月を予定とのこと。
諸事情により、参加できるかは何とも言えない状況です…。
1・4・7・10月と開催されてきた詰とうほくですが、今後は2・5・8・11月に変わるかもしれません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hirotsumeshogi

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用しています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは、詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR