続・塚田賞作品の魅力(2)(近代将棋平成7年3月号)②

今回は第52期の中篇賞の部分を取り上げます。
第52期(昭和53年7~12月号)

中篇賞 天地道人作


天地道人作(昭和53年9月号) 詰手順
2七香 ②2六桂合 同香 2五桂合 ⑤同香 1四玉 1六飛 2五玉 2六金
2四玉 3六桂 2三玉(途中図)

途中図 (12手目2三玉まで)
第52期天地氏作

1三飛成 同玉 2五桂 1四玉 1五銀 2三玉 3三銀成 1二玉
1三桂成 同玉 2四銀 1二玉 2三銀成 1一玉 2二成銀まで27手詰
盤上わずか三枚の簡素な初形。まず頭から香を打つのは当然ですが、それに対する合駒が問題です。平凡に②2四合なら、2二飛、同玉、3三銀打…で簡単。②2五歩と中合をすると、2二飛、同玉、2五香、2三歩合、3三銀打、1二玉、1三歩、同玉、2四金…で②2五桂合のときは、4三飛、2四玉、1五銀、同玉、2六金…の詰。これだけ読んで漸く2手目の応手は2六桂合であり、初手の香打ちは2七以遠ということが判ります。
二つ目の2五桂合を取らずに、⑤2一飛、2二桂合、同飛成、同玉、2五香、2三歩合、3三銀打、1二玉、2三香成、同玉、2四金、1二玉、1三歩、2一玉…と攻める筋に入ると藪の中。2五香と取るのは1四玉で逃しそうですが、1六飛で押さえられます。
以下、2六金で追い落とし、途中図から1三飛成が好手で、その後は桂と銀のコンビによる捌きの収束に入ります。
岡田敏「盤面三枚の簡素な形に、桂の中合二回という驚異の作品」
伊藤果「少数の配置でこれだけの表現。発見の才を買う」
植田尚宏「形が簡素で良い。手順も仲々のもの。収束もあっさりで、くどくないところが良い」
ところで、簡素図式の名作ともいうべき本局の作者の正体は果たして誰なのでしょうか?


次点 小寺秀夫作


小寺秀夫作(昭和53年8月号) 詰手順
4一銀 4三玉 5五桂 ④同と 5二銀 ⑥3二玉 4三銀成 同金 3一飛 2二玉
3四金 同金 2三歩不成 1一玉(途中図)

途中図 (14手目1一玉まで)
第52期小寺氏作

5五馬 同香 1二歩 同玉 3二飛成 1一玉 2二龍まで21手詰
普通に初手から3一飛、2二玉、3四桂と攻めると、同金、2三歩成、1一玉…で行き詰まる。持駒が〔飛桂歩〕なら2三歩不成…で旨く行くのだが……。そこで持駒の桂を歩に換える奇術が繰り広げられます。
まず4一銀から5五桂(④同金なら4二飛、3三玉、3二飛成以下)で同とと呼んでおきます。続いて香頭に5二銀の妙手(⑥同香とも、⑥同玉とも取れない!)で3二玉と戻し、さらに4三銀と押し売りします。これを省くと3四桂のとき1一玉と落ちられて詰みません。これだけの好手を重ねて、2三歩不成から途中図に至って5五馬が実現し、持駒の桂が歩に変わったのです!
と金を質駒にするという構想を三回にわたる銀の活躍で実現させた秀作で、受賞を逃したのが惜しまれます。
柏川悦夫「銀単独の動きがなんとも軽妙であり、5五桂の伏線と収束の歩不成との兼ね合いなど、完璧な構成。傑作です」
岡田敏「実に巧妙な手順で、とくに銀の動きが面白く、アクセサリーの歩不成も良い。やや形の悪いのが難点」
植田尚宏「一位の天地作とどちらが良いか迷った」



「近代将棋図式精選」中編の部においては、天地氏作が第117番、小寺氏作は第116番に収録されています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hirotsumeshogi

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用させています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR