第15回たま研&第17回えび研参加記

本日の記事は、1月12日(土)に開催された第15回たま研及び第17回えび研の参加記です。
年2回、1月と8月に開催されるたま研。
合わせて、えび研も開催されることとなりました。
えび研→たま研→えび研、という流れです。

12時30分頃、えび研会場の梁山泊に到着。
既に数名の方がいらっしゃいました。
たま研前の部の参加者は10名。たま研後の部は数名が帰り、1名が加わるという形でした。
遠方から来られたのは、井上さん(長野)、上谷さん(島根)、小林さん(岡山)でしょうか。

昨年の解答王である竹中さんがご参加ということもあってか、未発表作を出題し、解いていくという光景が多く見られました。
小林さんが6作ほど用意されていましたが、なかなか骨があるようでした…。

1月のたま研は飲み会のみ。気が付けば今回で10回目の参加。29名が集いました。
17時15分頃、飯尾さんによる乾杯の音頭で開始。

17時45分頃から20分ほど、恒例の自己紹介が設けられました。
幹事を除き、飯尾さん・田口さん・深井さんが皆勤というのは変わりませんね。

課題「新年にふさわしい作」には11作の投稿があり、18時30分頃からプロジェクターで紹介されていきました。
3作を選び、投票。集計の後、結果が発表されました。
私の投票した作品は全体の投票でも上位になる傾向があり、今回は得票数2位、1位、3位という結果でした。
オーソドックスな好みといったところでしょうか。

投票終了後、得票数3位の作品の変化に言及する声があり、作者も含め検討したものの、割り切れていないのではという流れに。その場での修正は難しかったようで、どうなるか気掛かりです…。

個人的には、森さんに近代将棋誌のお話を伺うことができたのが収穫でした。

3時間強歓談は続き、上谷さんの挨拶で締めとなりました。

2次会へ。かすかな記憶によると、11名だったと思います。
出版予定の書籍について、意見が交わされたのが主でしたか。
他には、

・1冊1万円、迷わず購入
・論考の定義
・鑑賞サポートソフト
・将棋と文学シンポジウム
・一般人にとってのレベルが分からなくなる
・詰将棋ビンゴ
・電子書籍

といった話題がありました。
22時30分過ぎにお先に失礼して、えび研へ戻ったのでありました。
記憶しているものが少なめですが、話題は以下のようなものでした。

・金かと金か
・総いいね数
・囲碁と将棋の営業
・某氏の投稿用紙

青木さん・馬屋原さん・太刀岡さんが共同で創作を試みる中、私は横になったのでした…。

朝、無事に起床し9時頃、梁山泊を後にして名古屋へと向かいました。
近藤さん、今回もお世話になりました。

2 Comments

近藤郷  

No title

参加記、いつもありがとうございます。一点、小林さんも遠方組に入れておいてくださいね。笑

2019/01/16 (Wed) 09:08 | EDIT | REPLY |   
hirotsumeshogi
hirotsumeshogi  

近藤さん

修正いたしました。ご指摘ありがとうございました。
小林さん、申し訳ありません…。

2019/01/17 (Thu) 00:17 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment