謹賀新年(2019年)

新年明けましておめでとうございます。
本年も当ブログをよろしくお願いいたします。
本日の記事では、昨年の振り返りと、今年の目標を掲げたいと思います。
総合
昨年は谷口均氏著「なつかしの好短篇」を掲載したことが、最大の話題だったでしょうか。
昨年も同様のことを書いていましたが、今年こそは「攻め」の姿勢を掲げて更新していきたいと思います。
少しだけ具体的に書きますと、連載物が2本できればいいなと。その内1本は、今年中には終わらなさそうですが…。


連載
近代将棋目録
昨年は、1971~1979年なので9年分。「まず10年分の達成」と書いていましたが…。
今年は1980年から始まります。今度こそ最低10年分でしょうか。
1980~1983年については当ブログ初期の記事と内容が被ってしまい、扱いを考えたのですが、当時は点として書いており、現在は線として書いているという違いを考慮し、新規記事として載せたいと思います。ただ、同一内容を2回掲載というのは気が引けますので、重なる間は手数等も書くことを検討しています。

将棋世界目録
昨年は、1971~1975年の5年分で、「まず10年分の達成」を掲げていたもののブレーキが掛かってしまいました。こちらも、今年こそ最低10年分と参りましょうか。

詰パラ ちょっとした感想
今年も、詰将棋パラダイス誌到着後に書きたいと思います。
なお、ちょっとしたこだわりとして、定期購読の方は届いたであろう5日以降に書くようにしています。

参加記
昨年に引き続き、お邪魔した詰将棋会合の様子を綴ります。
参加ペースは、昨年より下がるかと思われますが、詰工房を中心に、無理のない範囲で足を運びたいですね。
公にすると差し障りのある内容は書いていないつもりなのですが、お気づきの点がございましたらご指摘下さい。


Kifu for JS導入
継続課題ですね。
「塚田賞作品の魅力」が完了、「続・塚田賞作品の魅力」が一部というのが現状ですが、今年で完了させたいものです。


スマホ詰パラ
解答は昨年4000作強、累計は6300ほど。
先はまだまだ長いですが、地道に解き進めます。

解答については、ひとまず未定ということで…。
充実した一年になりますように。

0 Comments

Leave a comment