続・塚田賞作品の魅力(1)(近代将棋平成7年2月号)③

今回は第51期の長篇賞の部分を取り上げます。
第51期(昭和53年1~6月号)

長篇賞 墨江酔人作


墨江酔人作(昭和53年4月号) 詰手順
9七金 9九玉 (1)7七角 8八角合 同角 同玉 6六角 7七角合
同角 同玉 5五角 6六角合 同角 同玉 4四角 5五角合
同角 同玉 3三角 4四角合 同角成 同玉 2二角 3三角合
同角成 同玉 1一角 2二角合 同角成 同玉 8一歩成 5二香上
(2)4四角‥‥繰返し‥‥9九角 8八角合 同角 同玉 8二飛成 8三桂上
(3)6六角‥‥繰返し‥‥2二角 3三角合 同角成 同玉 7三龍 6三香上
(4)5五角‥‥繰返し‥‥9九角 8八角合 同角 同玉 8四龍 8五銀上
(5)6六角‥‥繰返し‥‥2二角 3三角合 同角成 同玉(途中図)

途中図 (122手目 3三同玉まで)
第51期七條氏作

2四金上 同と 4三桂成 同玉 5三と 同香 4二桂成 同銀
4四香 3三玉 3二金 同玉 4二香成 3三玉 4四銀 4二玉 5三銀生 3二玉
3三香 2二玉 3一角 2一玉 3二香成 同玉 4二角成 2二玉 3一馬 3三玉
4四銀まで151手詰
角打ち角合の繰返しで、歩の階段を昇ったり降りたり‥‥という趣向であることはすぐに気付きますが、どうやって詰み形に持って行くのでしょうか。ともかく手を進めてみます。
一回目は2二まで玉を運んで8一歩成…で飛車を世に出す。次は8八まで玉を戻して8二飛成。三回目は3三玉の形にして7三龍とし、再び8八まで戻して8四龍と引く。これで収束への条件が整い、もう一度3三玉まで来たところで2四金上…4三桂成…5三と…4二桂成…と捌いて龍の横利きを通すと、ようやく詰み形になりました。
角打ち角合で8八から2二まで盤面一杯に二往復半も玉を移動させる壮大な構想の<智恵の輪趣向>。単純な繰返しではありますが角合二十八回という記録が作者の狙いです。
柏川悦夫「なんと角のやりとり五十六回。1月号の<歩なし無防備煙>とどちらが受賞してもよいと思われる趣向大作です」
植田尚宏「まさに超大作である」
北原義治「墨江酔人氏の独壇場の観。2月号の角不成二十二回は惜しくも潰れたけれど、この角打ち五十六回が断トツで二位なし」


次点 墨江酔人作


墨江酔人作(昭和53年1月号) 詰手順
8九金 同玉 7九金 9九玉 8九金 同玉 6七馬 9九玉 8九馬 同玉
7八銀 同玉 7一飛成 7七歩合 同龍 同玉 7六龍 8八玉 5五馬 8九玉
8七龍 7九玉 8八馬(途中図)

途中図 (23手目 8八馬まで)
第51期七條氏作2

①6九玉 7八龍 5九玉 7七馬 4九玉 6七馬 3九玉
5七馬 2九玉 4七馬 1八玉 1九歩 同玉 6九龍 2八玉 2九龍 1七玉
1六金 同玉 3八馬 1五玉 1四銀成 同玉 1三桂成 同玉 1二桂成 同玉
5六馬 1一玉 1八龍 2二玉 1二龍 3三玉 2三龍 4四玉 3四龍 5三玉
5四銀 6二玉 7二銀成 同玉 7一桂成 7三玉 6三銀成 同玉 7四馬 5三玉
6四馬 6二玉 6一成桂 同玉 3一龍 5二玉 4二龍 6一玉 7一金 同玉
8二馬 6一玉 7二馬まで83手詰
強力な駒を惜しげもなく捨てる序奏を経た途中図で①68玉、78龍、57玉、79馬…の変化以外には殆ど紛れることのない周辺巡りのような<歩なし無防備煙>。歩なしに歩合が出てくるのはご愛嬌でしょう。
この頃は、長篇では七条兼三氏が席巻していました。



受賞・次点共に七條氏の作品。
「近代将棋図式精選」長編の部には角打角合が第147番、歩なし無防備煙は第145番に収録されています。
七條氏の作品集「将棋墨酔」では角打角合が第26番、歩なし無防備煙は第98番に収録されています。
次回は第52期に入りたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hirotsumeshogi

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用させています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR