第332回詰工房参加記

今回の記事は、7月28日(土)に開催された第332回詰工房の参加記です。
台風12号が関東に接近しており、天候が心配されました。
ですが、幸い雨に降られることはなく、12時55分頃に会場へ到着。
金子さん・柳田さんに加えて、北海道から来られた山田さんが到着済でした。
彩棋会にて参加予定の旨をお聞きしており、無事の到着に一安心しました。

柳田さんから、「詰将棋解答選手権年鑑2018」を入手しました。
例年よりはやや発行が遅れてしまいましたが、藤井六段(当時)が4連覇を達成したチャンピオン戦、大盛況の初級戦・一般戦の模様が余すところなく掲載されています。
カラーページも設けられており、購入して損のない一冊と言えましょう。

竹中さんがほどなくお見えになり、山田さんの作品を数名の方と共に解かれていました。
山田さんにとって、解答王や詰パラ担当者、看寿賞作家などのコメントは、大いに参考になったのではないでしょうか。

詰パラ8月号を入手した方があり、見せていただきました。
また、先日発行された柳原さん編集の同人誌「詰将棋ファン」を持参されている方も。
こちらは入手しており、確認済でしたが内容豊富、愛好家なら購入すべき本ですね。

山田さんから、おみやげを頂きました。東京の最高気温は28℃と猛烈な暑さがひとまず収まったこともあり、「溶ける」は杞憂に終わりましたね。

15時を過ぎても田中さんが現れず、今日の春霞賞候補作選考は見送りかと思われましたが、15時20分頃にいらっしゃいました。外は本降り、大変だったことと思います。
15時30分過ぎから1時間程、いつもと変わらず候補作選考が行われ、4作中1作が候補作となりました。
今月の注目作では、参考作品として超長編作品が多く紹介され、お腹いっぱいになりました。

山田さんに、ある方の作品集をお貸ししました。
何らかの形で役立てて頂ければ幸いです。

14時前まで参加者は7名で、さすがに少ないという話でしたが、最終的には14名。
悪天候の割には多い、という所に落ち着いたように思われます。

二次会は6名と少数精鋭?で始まり、途中で芹田さんが合流されました。
田中さんがお帰りになりましたので、代わりにはなりませんが話題を少しばかり書きたいと思います。

・マニアから見て悪くないと思うのが良くない
・意外性のある詰まされ方
・おとな・こどものメロンフロート
・そんな誤解狙いはいらん→新時代の短編です
・作家の矜持と割り切り
・明日は打ち上げしか参加しない
・悪徳担当者
・社団戦
・同じ収束の作品を2回発表したことがない
・バーチャル詰将棋作家
・最悪自殺詰? 普通の詰将棋です
・メロンとメロンパン
・イケメンは許される
・虫、気分を害するのは大きな害

22時過ぎにお開きとなりました。
警報は解除されており、帰り道も傘を開くことがなかったのは幸運でした。
帰宅すると、詰パラ8月号が到着していました。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今月は本当に間に合わないんじゃないかと焦りました(汗)。遅刻したせいで若島さんの表紙作品集を紹介できなくなったのが痛恨です。
ところで、気になる「悪徳担当者」って…?

安武利太さん

金子さんがデータをお持ちでなかったので、来られるかなとは思っておりました(15時頃までは)。
「悪徳担当者」は、ある参加者の方が、詰パラのコーナーを担当された時を振り返っての発言ですね。
プロフィール

hirotsumeshogi

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用しています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは、詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR