第34回詰将棋全国大会&第15回えび研参加記(幹事会・えび研)

本日の記事は、7月15日(日)に開催された第34回詰将棋全国大会及び、その前日から当日に掛けて開催された第15回えび研の参加記です。
今回の内容は、幹事会及びえび研の模様です。
幹事会
司会は吉松さん。

新任の田中さんの紹介の後、柳田会長による報告。
見出しを抜き出すと、
・アマ連感謝状について
・書籍部からの報告
・解答選手権からの報告
・看寿賞委員会
といったところでした。
途中、柳田さんと水上さんの掛け合い漫才のように錯覚する場面もありましたが、割合意見が交わされていたように思われました。

門脇賞報告が北村さんにより簡潔に行われた後、段級位認定の説明が水上さんからありました。
話題は認定実績、解答選手権による認定、満点の扱い、スマホ詰パラの反映など。
配布された「詰将棋段級位認定及び贈呈規定」を読んであれと思うことがあり、生意気とは思いつつ私も発言させて頂きました。

続いては、荒川さんからデータベース委員会活動報告。
会計及び活動報告。
今年は配布を再開したいとの決意も述べられました。
途中、詰将棋のアピールをどのようにして行うかという話題も交わされました。

収支報告(八尋さん)。
会計に合わせ、これまでバラバラだった締め日を3月31日に合わせることとなりました。

吉松さんから事務連絡。
再来年の詰将棋全国大会を、どこで行うかという話題になりました。
いくつか候補となる地域が挙がりましたが、幹事などが会合に赴いて話をするという方向だったでしょうか。

最後は普及部(三宅さん)。
詰将棋の普及について、構想が述べられました。

終了は20時40分頃。
予想より、大分長い時間が充てられました。
途中、「この部屋は何時まで使える?」「22時まで」という会話に笑いが起きましたが、そのくらいの時間まで続くかもしれないという考えも、一瞬よぎりました。
片付けをし、会場を後にしました。


えび研
幹事会の後、多くの方は飲み会に行かれる様子でしたが、私はお別れして京急蒲田駅へ。
そう、向かう場所があったのです。

京急にて横浜駅まで移動し、相模鉄道に乗り換え。
二俣川まではノンストップ、その先は各駅停車という急行に揺られ、30分程で海老名駅に到着しました。

夜とはいえ、汗が噴き出す暑さ。
スーパーで経口補水液を求め、梁山泊に到着したのは22時過ぎとなってしまいました。
インターホンを押すと、くつろいだ格好のKさんが出迎えて下さいました。

今回のえび研参加者は五十音順に、AUOKKKKKSSTT(敬称略)の12名。

到着からほどなくして、ビールやお酒、たい焼きを頂きました…。
翌日に備えて、アルコール類は控えようと思っていたのですが、暑さにやられてしまったようです(言い訳)。

「現代詰将棋中編名作選 1977-2016」を入手しました。
19~29手の作品が300作。見開き2頁に、3作ずつ掲載されています。
4月は、詰将棋全国大会までの完成は厳しいという雰囲気だったように思われましたが、何とか間に合いましたね。
31~49手をまとめた続編も、期待されるところです。私の密かな決意も、あるとかないとか(大したものではありません)。

大きく二手に分かれ、若手が作品を盤に並べ、若手以外は椅子に座り会話をしているといった具合でした。
私は、どちらかというと会話陣に混ざっていました。
Sさんの厳しい言葉が炸裂するなど、盛り上がりました。

しばらくすると、Oさんが宿泊先へ向かうため梁山泊を後にされました。

特に若いお二人は旅の疲れからか、1時過ぎにお休みになりました。

Sさんが2時過ぎにベッドへ。
私はシャワーを浴びることとしました。

3時半頃、Sさんが起床。
1時間半程寝たと仰り、ご自宅へと帰られました。
私はそれから程なくして、ベッドに横になりました。

6時40分頃、目覚ましに反応し無事起床。
AさんとKさんが起きていらっしゃいました。

朝食は、管理人Kさんが用意して下さったメロンとバナナ。
美味しく頂き、準備完了。

数名が、少しずつ起床していきました。

全国大会スタッフ4名と合わせ、5名で8時頃に海老名を出発。
電車乗り換えの横浜駅ではぐれるハプニングもありましたが、9時過ぎに会場へ到着しました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hirotsumeshogi

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用しています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは、詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR