第30回詰備会参加記

今回の記事は、5月4日(金・祝)に開催された、第30回詰備会の参加記です。
前回は用事が重なり不参加のため、1年振りの参加でした。

岡山駅から徒歩で会場へ向かう途中、平井さんと合流しました。
小降りの中12時50分過ぎに到着すると、5名ほどの方々がいらっしゃいました。

作品展への投稿作は7作(だったと思います)。
4作が選出されました。

初参加の津久井さんは、市島さんの大学の先輩とのこと。
先月開催された第15回詰将棋解答選手権一般戦では、全題正解。
今年の一般戦は例年よりも難しいと思われますので、好成績ですね。

片山さんと共に、半期賞受賞作の中から超短編及び超長編を鑑賞。
正解者がいなかった詰将棋にも、話は及びました。

小林さんが未発表作をプリントし持参されており、解く時間に多くが充てられました。
すぐに詰上りにたどり着く作は皆無で、考えながら解き進めていきました。

参加者は13名。
写真撮影の後、17時頃に12名で二次会へ。
八段目桂合禁止利用作品やかつての学生将棋などの話題が交わされながら、2時間を過ごしました。

その後、5名にて三次会へ。
1時間ほど、会話に花が咲きました。

小林さんから、石川さん作成・小林さん新装の「詰将棋入門」を購入しました。
詰工房でも見かけてはいたのですが、ご本人から受け取るのが望ましいと考えていたので、実現できて幸いでした。

当日は岡山市内のホテルに宿泊、翌日帰宅の途につきました。

岡山県は最近、ポツポツと作家の登場が見られます。
さらなる活躍と詰備会参加を期待しながら、キーボード入力の手を止めたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hirotsumeshogi

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用しています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは、詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR