第?回棋楽会参加記

本日の記事は、3月4日(日)に開催された第?回棋楽会の参加記です。
棋楽会は、大阪府東大阪市で行われている会合。
長らく休止していたようですが、1月に再開。今回で2回目とのことでした。
1月は他の用事と重なり参加できなかったので、3月は何とかという思いがありました。
世話人は、柳原さんが務めておられます。

前日に大阪入りし、昨年12月に続いてあいも文化交流会館に宿泊。
棋楽会の会場でもあるため、移動が必要ありません。

明石さんの未発表作を見せて頂きましたが、なかなか解くことができません。ヒントを頂いて、ようやく詰め上げることができました。

当日の午前はのんびり過ごし、朝食・昼食を頂いたり、近代将棋のバックナンバーや「この詰将棋がすごい!2010年度版」を読んだりして備えました。

14時開始とのことで、13時40分頃から徐々に集まってきました。
遠方からは、前の週にお世話になった上谷さん・山路さんが参加。
上谷さんは体調が芳しくない様子でしたが、執念で来られたとのこと。

会場では囲碁将棋サロンが行われており、囲碁を打つ方々の隣で詰将棋の会合という、なかなかないであろう経験をすることができました。

岸本さん・山路さん・上谷さんの未発表作が並べられました。
岸本さん作(長編)はスマホ詰パラへ投稿とのこと、発表が待たれるところです。

岸本さんと山路さんで、煙詰を創作できないかを検討。
決して平坦な道のりには見えませんが、読みを進めていきます。

将棋世界4月号に掲載されている作品を解く方もいらっしゃいました。

夕方には、学習塾を開いているという山本さんが来られました。
4月に将棋の同人誌を刊行予定とのこと、詰将棋も掲載されるようで楽しみです。

帰路につくため、18時50分頃に会場を後にしました。
参加者は10名であったと記憶しています。

なお、煙詰の検討はその後も数時間続き、翌日完成にこぎつけたのだとか。
恐るべき集中力と体力ですね。



さて、今回をもって、全国の会合参加を達成できたのではないかと考えています。長かったような、短かったような…。
個人的には、詰パラ誌の会合案内に掲載されており、現在行われているものを対象としています。
4月からは遠出が難しくなることが予想されており、3月で達成できて安心したというのが率直な気持ちです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hirotsumeshogi

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用しています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは、詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR