初心者のための詰将棋入門④ 名作「死と乙女」鑑賞(近代将棋昭和57年6月号)

以前合駒の記事を紹介したことがありましたが、それと同じシリーズです。


芸術としての詰将棋
今回は、芸術的香り高い詰将棋を紹介したいと思います。
詰将棋は、解く人にとっては、実戦の終盤に強くなるための一手段であり、また無聊を慰めてくれる良質のパズルです。が、これからご紹介する「死と乙女」を並べていただければ、詰将棋の別の面にも気づかれるかと思います。
先日、短篇詰将棋作家A氏が編集部を訪ねてくれました。色々話していて、話題が山田修司氏作の「死と乙女」に及んだ時、A氏は次のように語ってくれました――
「あの作品を初めて見たのは昭和35年頃でした。古本屋で買った『詰将棋パラダイス』の一冊にのってました。解説を読み詰手順を並べた時は泣きそうになりました。その時は多分、解説の方に感動したんだと思います。それから一年くらいたって、今度はあの作品を自力で解いてみたんです。解き終わって、あふれる涙を止めようがありませんでした。自分でもビックリしましたよ。詰将棋で泣いてしまったんですから……。ウェルテルを読んで感激し、太宰治に熱中していた18歳でしたから、あの涙も、青春という得体の知れないもののせいなんでしょうね」
A氏のこの言葉がきっかけで、今回、「死と乙女」を紹介してみたくなったのです。世に「芸術」と呼ばざるを得ない詰将棋は他にもあります。たとえば伊藤看寿の図巧第一番とか北村研一氏の「槍襖」とか奥薗幸雄氏の「新扇詰」です。ここで、あえて山田修司氏の「死と乙女」を選んだ理由は、この作品の易しさからです。易しさは優しさでもありましょうか。この作品は2、3級の方でも解くことができます。では、さっそく詰手順を追ってゆきます。

詰手順
なお、解説は名解説者といわれた故・土屋健氏のものを、「詰将棋パラダイス」昭和26年10月号より、そのまま引用させていただきました。
7四銀成 8二玉 8一と 同玉㋑ 7一と 同玉 7三香 6一玉㋺ 7二香成 5一玉
6二成香 4一玉 5二成香 3一玉 4二成香 同玉㋩ 4三銀 3一玉 3二金 同金
同銀成 同玉 2四桂 4一玉 3二桂成 5一玉 4二成桂 6一玉 5二成桂 7一玉
6二成桂 8一玉 7二成桂 同玉㋥ 7三金 8一玉 8二金打 同金 同金 同玉
9四桂 7一玉 8二桂成 6一玉 7二成桂 5一玉 6二成桂 4一玉 5二成桂 3一玉
4二成桂 2一玉 3二成桂 同玉 3三銀 2三玉 3五桂 同歩 3四金 1二玉
2四桂 1一玉 2二銀成 同玉 3三と 1一玉 1二桂成 同玉 2三金 1一玉
2二金 まで71手詰 
『選者 何んと云ふ美しい旋律に満ちた作であろう、小さな駒が奏でる悲しい迄に麗しい調べは魂を揺り、見る者をして恍惚と酔はさずには置かない。詰手順が面白い、最初の駒配りに無理がない、詰上り亦美しい、二回往復する玉の画く軌跡を夫々妙手に見たい、など言ふ事は駄足である、まして平易であるお妙手が無いのと論ずるに至っては烏滸の沙汰である。現在迄に発表された山田君の数ある作中でも突兀として聳ゆる最高峰である、長さに於ても純然たる小駒図式(合駒に大駒を使用しない)としては日本新記録であろう。が、より重視しなくてはならぬのは、この作が醸すアトモスフェアであり歌ふ詩である。予言者イザヤではないが、かつてこの事あるを予言した選者の言は適中した、山田君はまづそれを為した。小さな駒々が織りなす階調と色彩は永遠の栄光と生命を唱い尽る所を知らない。山田君が本作品に「小独楽」と題したのは、小駒作品である事と独り楽しむと云ふ点より名付けたものだが、楽しむ事は詰将棋の本質だ、然し本作は独り楽しむ境地を遙かに脱し、解く者総てに楽しみを与えずに置かない、その点不適当であると考え、図面に傍註しなかった。「死と乙女」これこそ題するとすれば最もふさはしくはないだろうか。選者はロマンチストではないが反射的にこの題が脳裡に閃いた、と云ふより全身を以って感得したのである。「死と乙女」これはシューベルトのクワルテット(四重奏)であるが、セロは常に死の如く甘く、低く誘ひ、バイオリンは不協和音を以って、乙女の儚ない抵抗をすすり泣く如く亦訴へるが如く救ひを求める、遂に死の勝利の円舞曲で終る。本図では香と桂が取れヽヽと玉を誘惑する。取れば即ち死を意味する。右に左に救ひを願ふ玉の悲しい反抗も、勝利の円舞曲を表現する右側に於ける折衝で死の凱歌を以って終る。簡単な序曲より直ちに主題に入り軽快なワルツで幕となる本作品に陶酔したのは選者独りではあるまいと思ふ。近代詰将棋中のロマンスを代表する佳作である。某作家が本題に酔ひ軽い眩暈を感じて、己が作品に思ひを致し、「止んぬる哉」の一言と共に駒を投じた、と言はれて居るが、選者は決してそれが誇張とは思へない。再び言ふ、この傑作を題して「死と乙女」』

土屋健氏の名筆ですべてがつくされています。つけ加えるべき一言もありません。編集子がすることは、変化手順に触れることくらいでしょう。変化手順について――
㋑8一同金なら、9四桂、9一玉、8二銀以下詰みです。
㋺7二歩合なら同香成、同玉、7三銀、8一玉、8二金で、作意の37手目にとび、作意手順より20手以上短く、歩余りで詰みます。
㋩2一玉は3二金、同金、同成香、同玉、3三銀、2三玉、2二金、1四玉、2四銀成の詰みです。
㋥9二玉は、8二金、同金、同桂成、同玉、7三金、9二玉、8三金打以下詰みです。

終りに
作者の山田修司氏は昭和七年生れ、北海道開発局勤務です。氏は、本作のほか、「禁じられた遊び」や四桂連続中合の名作などの傑作を数多く発表されました。いつの日にか、氏が新作を発表され詰将棋界に戻ってこられるのを心から願うものです。


当時、山田修司氏は「禁じられた遊び」(近代将棋昭和47年3月号発表)を最後に冬眠に入られていました。
この記事から10年以上が経った平成6年に復活を遂げることとなります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hirotsumeshogi

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用させています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR