詰パラ2017年11月号 ちょっとした感想

本日は、詰将棋パラダイス11月号のちょっとした感想を書きたいと思います。
先月30日に到着しました。
今月の詰将棋
表紙
意外にも?初登場の氏。
「一目ではなかなか解けないだろうが…」ということで、解答者数はどうなるでしょうか。

キッズルーム
御大の登場です。

高等学校
武島氏が入選100回を達成。
7月号の行き詰まり氏以来、58人目で合っていますでしょうか(塩見一族は別々でカウントしています)。
6年3か月での同人入りは、菅野哲郎氏の6年6か月を上回り最速と思われます。
量と質を高いレベルで両立させているのは、見事としか申し上げようがありません。

大学院
実は院10が難解作…ということはないのでしょうね、きっと。

たま研作品展
参加者40名というのは圧巻ですね…。
作品の質の高さは保証します。

D級順位戦
前回(8月号)は3作でしたが、今回は5作。
5作というのは珍しいのではと調べてみましたが、5作以上は1993年12月号(20作)以来、5作に限定すると見当たりませんでした。間違いがありましたら、ご指摘頂ければ幸いです。

詰将棋デパート
短編競作展2回1位や半期賞の実績がある作家が、32年振りの登場ですか。
土浦市の印象が強いです。


持駒のある風景
詰将棋ギネスブックは、中出さんが提唱されていたような気がします。中身は思い出せませんが…。
作品集の最高齢者は、旧版から数作修正等がある(らしい)とはいえ、若干無理があるような気がします。


ちえのわ雑文集
三島さんが呼び掛け人となった、Twitter上での煙詰共同創作を巡る文章。
数年後読み返した時には、ユーザー名がどなたのことを指すのか分からなくなりそうです…。


読者サロン
三者三様で、興味深く読ませて頂きました。


結果稿
中学校
柳澤氏作で、半分に迫る誤解!
誤解の多い短編と言いますと、宮原氏の看寿賞受賞作を思い出すのですが、それ以上ですね。
ただ、短編において「新たなる殺意」に次ぐ誤解率と言えるかというと、怖い気がします。


編集室
OT松田氏の訃報。
お悔やみ申し上げます。個性ある作家がまた一人…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hirotsumeshogi

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用させています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR