第269回創棋会参加記

本日の記事は、10月15日(日)に開催された、第269回創棋会の参加記です。
前日に大阪入りし、2か所ほど図書館を訪れました。
ありきたりな感想ですが、行ってみて初めて分かることが少なくない、と、

6月に続き、2回目の参加となる創棋会。
今回の会場は、関西将棋会館でした。こちらで開催されることが多いようですね。
入館したことはありますが、4階には初めて足を踏み入れました。

12時55分頃に到着。
吉松さん・則内さん・鳥本さんが先着されていました。

椅子席で、長机が2つずつくっつけられていました。
前回参加した時と同じように、盤と駒が席には用意されていました。

課題「遠打や遠開き3回以上」には、7作の投稿がありました。
なかなか集まらず、大変な思いをされたようです…。
なお、4作投稿された猛者もいらっしゃいました。

解図力の低さには自信のある私も、課題作に取り組むことに。
10分ほどで1作が解けましたが、正しいかどうか疑心暗鬼。
柿木将棋Ⅸに掛け、正解のようでほっとしました。
その後、苦しみながらも、もう1作解くことができました。

詰パラ8月号の表紙に登場された西村さんが初参加。
検討のため、柿木将棋を購入したいとのことで、パソコンを用い、使い方を見て頂きました。
まあ、私も使いこなせている訳ではありませんが。

16時過ぎからは、大盤で則内さんによる課題投稿作解説。

会合中に8作目が(ひとまず)完成し、こちらも大盤で並べられました。
最終的にどの4作が選ばれるかは、発表されるまでのお楽しみといったところでしょうか。

課題投稿作解説の後は、自己紹介と近況報告。
人生いろいろですね…。

参加者は11名。記念撮影を行い、例会はお開きとなりました。
6名が二次会へと場を移しました。
プロ棋士の呼び方や竜王戦の予想、祝賀詰など、指将棋の話題あり、詰将棋の話題ありで盛会でした。

19時45分頃、帰りの列車の都合があり失礼しました。
柴田さんの不参加は残念でしたが、楽しい時間を過ごすことができました。



創棋会作品展は、関西にゆかりのある方以外の投稿も募集しているそうです。
創棋会通信+α」にも掲載されていますが、次回の課題は「繰り返しを含む短編」、17手以内です。
12月17日(日)が会合ですので、その前に投稿ということになりますね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hirotsumeshogi

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用させています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR