第321回詰工房参加記

本日の記事は、8月27日(日)に開催された、第321回詰工房の参加記です。
13時5分頃、会場の部屋に入室。
金子さん、稲葉さん、今村さんの3名が既におられました。

「2018年全国大会 会場の確保状況について」を受け取ります。
仮予約している場所があるものの、本日までに本予約しなければ無効。
異論がなければ申し込みたいと、金子さんより話がありました。

「天月舞」は看寿賞だと思っていた、との声がありました。
長編賞で「未知との遭遇」の次点という話をさせて頂きましたが、実際の結果はしばらく見ていないので、これを機会に看寿賞発表が掲載されている詰パラ(1996年6月号)を出してきました。
当時は、全詰連幹事・詰パラ選者・他誌選者・同人作家・上位解答者が投票。
持点5点から、◎3点、〇2点、△1点にて投票する形式でした。
長編賞の候補作は9作でした。得票を掲げます。

順位作者「作品名」得点
1堀内真「未知との遭遇」741884
2今村修「天月舞」30474
3若島正「スケーターズ・ワルツ」20254
4添川公司「約束の地」1656
5首白竜「園裡の虎」832
6森長宏明「万里の駒」(修正図)521
7近藤真一「スクリーン」311
7該当作なし311
9今村修「ゴゴノソラ」(修正図)21
10角建逸「遠雷」11

特別賞は◎2票で、6点獲得していました。
「天月舞」はもう少し得点が高いと思っていました…。

柳田さんが解説を担当された「完全版 看寿賞作品集」は9月21日発売予定。
次回(9月23日(土))に間に合えば、持参するとのアナウンスがありました。

今村さんは自作の柿木将棋Ⅸによる検討結果を確認し、14時過ぎに詰工房を後にされました。

新作は、青木さんが持参。盤に並べられると早速集まって、解図に取り組むのは、いつもの光景です。

鳥取から、上谷さんが来られました。高速バスで往復とのこと。
私も昨年末に高速バスに乗り遠くまで行きましたが、片道が限界でした。
同日開催の詰四会の方が近かったのではないかと思いますが、熱意に感服です。
角さん持参の駒をご覧になっていました。

15時20分頃から1時間ほど、春霞賞候補作選考。
1作が候補となりました。

金子さんより事業計画が承認され、本予約になったとの報告がありました。

来年7月15日(日)に開催される第34回詰将棋全国大会の会場は、「大田区産業プラザPiO」に決定しました。

電車ですと、東京駅から20分ほど。
羽田空港からも、京急電鉄に乗車すれば1本で到着します。

興味のある方はぜひ、参加をご検討下さい。
当ブログでも、情報発信できればと思います。

参加者は16名。
夏休みの終わりということで、新規参加者ももしやと思いましたが、こちらはなかなか…。
いつも通り17時前に、二次会へ移動となりました。
こちらの参加者は13名。

二次会は翌日が平日とは思えない盛り上がり。
「うまとり會」集計や、フェアリー作品集などの話題が出され、22時頃まで続きました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

香川と東京で迷ったのですが、香川間だと夜行バスが無く、山陰からだと交通手段が限られて二次会など最後までいられないのが辛いなあということで、今回は少しでも長く滞在できるほうにさせていただきました。

うえたにさん

夜行バスの便等を考慮された上での、詰工房参加だったのですね。
駒の話題はできなくとも、興味を惹く話題を用意できれば良かったのですが。
その分は、来年のとり研にてということで…。
(それより前に、お会いする機会があるかもしれませんが)
プロフィール

hirotsumeshogi

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用させています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR