第33回詰将棋全国大会直前

愛知県名古屋市で開催される、第33回詰将棋全国大会(7/16)まであと3日となりました。
私は参加予定で、往復の交通手段・宿泊先は確保しています。
今度の土日は、詰将棋漬けですね…。
詰将棋の会合 香龍会「全国大会」とありますが、都道府県予選がある訳ではありません。
参加資格は、会場にたどり着くことだと思っています。

個人の話をさせて頂きますと、川崎→大阪→倉敷と参加し、ようやく一巡します。
4回目というのは、まだまだ新参者ですが。

前日である土曜日は、香龍会が9時!から開催されます。
まあ、9時に合わせて行く予定ですが…。

前夜イベントでは、「詰将棋の会合 香龍会」によると3本の講義が予定されているそうです。今の所は、こちらも参加してみようかと。
・鈴川優希「美学・藝術学の視点から現代詰将棋を俯瞰する」
何だか難しそうですね…。お手上げの公算が高そうです。
・久保紀貴「連続合の研究(仮)」
連続合の歴史を辿るというよりは、意味付けを掘り下げる形でしょうか。
・香龍会「詰将棋解説、解答支援ソフトの紹介と提案(仮)」
解説を書くソフトですか。森田銀杏風、小林淳之助風、清水一男風が実現すれば面白そうです。
18時20分開始、21時40分終了予定ということで、翌日もあることを考慮すると、終了後に交流を深めるというのは考えにくいでしょうか。丈夫な方はそうでもないかもしれませんが…。

当日、行われるであろうイベント等を思いつくままに並べてみました。

・本の購入
「現代詰将棋短編名作選」
1976~2015年に発表された17手以下の作品から400作を選び、40名が解説するという豪華本。
「詰将棋解答選手権2017」
詰将棋解答選手権の年鑑。毎年恒例ですね。
その他、珍しい本も出品されると思いますので、気付いた範囲で購入したいと思います。

・看寿賞表彰
今年の対象は5名。もしかすると、全員参加かもしれませんね。
受賞者が何を語るか、どのように作品が解説されるかが楽しみです。

・門脇賞表彰
今年の対象は2名。宮田六段・藤井四段の参加はどうなるのでしょうか。

・七條賞表彰
今年の対象は10名。例年参加率は高くありませんが、栄誉を称えたいです…。

・ミニ解答選手権
例年通りであれば、開催されるはずです。
藤井四段vs宮田六段vs谷川九段vs竹中さんvs馬屋原さんといった対決が実現すれば、必見です。
昨年優勝の堀内さんは、開催側に回ると思われます。

・アマ連杯握り詰
今年は難条件だと思いますが、作る方は作るのでしょう。
昨年優勝の福原さん、愛知県在住のようですし参加されないですかね。

・クイズ100人位に聞きました(仮)
静岡大会で行われたイベント…でしたか。
私もアンケートを提出しました。

懇親会
こちらがメイン、という方もいらっしゃるでしょう。
昨年、話し掛けて下さった方に対してしどろもどろだったのは、悔しい思い出。
1年経って、少しはまともに?なっていればよいのですが。
昔話や裏話は特に歓迎で、少しでも話が聞ければいいなと思います。
私から提供できそうな話題が、それほどないのがもどかしいですけれども。
名古屋だからお会いできる方に、積極的に話し掛けてみたいですね。


参加者が100名を超えることは堅く、もしかすると過去最多もあるのではないかと思っています。
参加される方々、よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hirotsumeshogi

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用させています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR