第319回詰工房参加記

本日の記事は、6月25日(日)に行われた第319回詰工房の参加記です。
前日は、大阪で陸上日本選手権を観戦、宿泊した私。
新幹線で移動したその足で、詰工房へと向かいました。

13時25分頃に会場到着。
先着は5名ほどでしたか。

25日は詰パラホームページに、看寿賞速報が出るかどうか五分五分という状況でしたが、結局出ませんでした(結局、発表は27日)。
この話題が中心になるかと思われたのですが…。

藤井四段の連勝は、この場でも話題に。
この時点では、歴代1位タイの28。
囲碁の連勝記録はどうかという方向に話は進み、坂田二十三世本因坊の29連勝という情報が出ました。
私個人としては、まさかここまで伸びるとは…という感想です。将棋もそれほど詳しいわけではありませんが、神谷八段の連勝記録が並ばれる日が来るとは、想像だにしませんでした。

詰パラ6月号の詰将棋デパート結果稿で発表された、馬屋原さんの慶事には祝福の声が多く寄せられました。
中には、事実かどうかを確認する方も。
新作を持参されていたのは、さすがの一言でした。

将棋世界7月号の付録「内藤國雄の短編詰将棋」も話題に。
作者が「解きにくいと思う」と書かれているだけあるとのことでした。

15時15分頃から1時間ほどは、春霞賞候補作選考。
投票は2作が競り合い、両作を候補作とすることで落ち着きました。
なお、第4回春霞賞の発表は詰パラ8月号で行われるそうです。

参加者は少なめかと思いましたが、最終的には15名となりました。

2次会の参加者は14名。
2つの島に分かれ、それぞれの話題で盛り上がりました。

帰り際に、「次は名古屋で」という声がよく聞かれました。
私も、無事であれば参加予定です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

囲碁、韓国では、イセドル32連勝、イチャンホ41連勝というのがあるそうです。(未確認ですが)世界は広いですネ。

小林さん

世界の囲碁界に目を向けると、ですか。41というのは遠い数字に感じます。

今回の藤井四段の連勝は「29」という結果になりましたが、今後これに並ぶ、もしくは超える記録が誕生するかどうかも興味が持てそうです。
プロフィール

hirotsumeshogi

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用させています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR