第318回詰工房参加記

本日の記事は、5月28日(日)に行われた第318回詰工房の参加記です。
13時10分過ぎに会場到着。
先着は金子さんと稲葉さんのお二人でした。

程なくして、森さんがお見えになりました。
たま研には参加されていますが、詰工房は珍しかったのではないでしょうか。
えび研が気になるのだけれど、場所が書いていないので…とおっしゃっていました。

久し振りの参加となった鈴川さん。
自作を披露されていましたが、絶好調の様子。
半期賞は、大学院で受賞すれば全校制覇なのですよね、恐ろしいことです。
もしくは、4校同時受賞という方向も…。

柳田さんが、近代将棋の記事を持参されていました。
期ごとの塚田賞受賞作家リストが掲載されており、あの作品、この作品と話題になりました。
私はといいますと、藤本氏の馬鋸作品の題名が出てきません。
正解は「夢の旅人」ですが、お恥ずかしい限りです…。また見直さなければ。

最近(再び)参加されるようになった今村さんは、独自の意見をお持ちの様子。
もっとお話を伺ってみたいのですが、15時頃には帰られてしまうので、早い時間に何とか…というのが次回以降の課題です。

15時10分過ぎから、春霞賞の候補作選考。
今回の候補作候補は2作、接戦となりましたが1作が候補作に選出されました。

利波さんは、あるリストを持参。
データベースを元に、ご自分で精査したとのことで、作品がなくても楽しむことができます。手広くデータとして収録することは、私にはとてもできないことで、敬意を表します。

参加者は、19名だったように思います。

二次会参加者は当初14名、途中で近藤さんが合流されました。

大きく、作品の解図に取り組む島と、雑談で盛り上がる島に分けられたでしょうか。
私は後者におりました。

鬼籍に入られた、あの方やこの方の逸話が聞けて満足でした。

安原さんが、青森大会の話題になると、週刊将棋と思われる切り抜きを取り出されたのが印象に残りました。
大橋氏の「迷宮の王」と水上氏作が掲載されている記事で、保存状態の良さに驚きました。四半世紀前の記事がすっと出てくる所も凄いことです。

稲葉さん・森さん・安原さんは1歳ずつ違うという話。
まだまだお顔を拝見できるものと思います。

20時過ぎに、失礼しました。



以上で参加記は終わり…なのですが、最後に耳より?な情報を書きたいと思います。
西東書房(七條兼三氏ゆかり)では、現在も取り扱っている詰将棋本があるという情報を聞き、本当だろうかと思いながらも電話で問い合わせてみました。
「近代将棋図式精選」は、在庫が10冊以上あるとのこと。
「本当ですか」と思わず言葉が出てしまいました。「箱は経年劣化が見られます」とのことでしたが、定価で購入が可能というのは大きいですし、手に入れる価値のある本と断言できます。
私も手元にはありませんので、もう1冊という気持ちはありますが、見たことのない方に渡るのであれば、より望ましいかなと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

近代将棋図式精選

宗時と申します。購入手続き致しました。情報提供してくださり大変感謝申し上げます。

墨酔も?

門脇芳雄氏が倒れられる直前、詰パラ2010.4の全詰連書籍部の広告には、まだ『近代将棋図式精選』の他に『将棋墨酔』の名前が載っていますね。この広告が斡旋販売のもので、版元(西東書房)在庫の存在を示すものだとすれば……と虫の良いことを「類推」してしまうのですが。

追記:西東書房の詰棋書

念の為、『古今詰将棋書総目録』で発行所=西東書房となっているエントリーを調べてみましたが、やはり次の3点しか見つかりませんでした―
 1555:『将棋浪曼集』1973.9.15
 1939:『近代将棋図式精選』1983.2.10
 2289:『将棋墨酔』1991.12.24
―さすがに、浪曼集は残っていないでしょうね。

宗時さん

わざわざご丁寧に、ありがとうございます。
お役に立てたのであれば幸いです。

谷川さん

問い合わせをする前にホームページにて確認したところ、「将棋墨酔」は品切、「将棋浪曼集」は紹介自体がありませんでした。
門脇さんが個人で所持しておられた可能性もありますが、数年前までは在庫があったのかもしれませんね。
プロフィール

hirotsumeshogi

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用させています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR