詰パラ2017年5月号 ちょっとした感想

本日は、詰将棋パラダイス5月号のちょっとした感想を書きたいと思います。
先月27日に到着しました。
今月の詰将棋
表紙
お馴染み野村量氏。表紙登場は8年振りのようで、やや間が空いたでしょうか。
詰パラでは、かつて入選300回の達成者に「詰棋王位」の称号が与えられていました。
今までの達成者は、田中至、岡田敏、柴田昭彦、中出慶一、山田康平の5氏しかいらっしゃいません。
入選回数で見ると最も近いのは大和敏雄氏(294回)ですが、冬眠中。現状では、野村氏が6人目となる可能性が高いのではないでしょうか。
作品集も見てみたいです。より広い層に受け入れられるのではないかと思うのですが。

キッズルーム
加古川市には藤原さんという作家が複数いらっしゃるようですが、関係の有無が気になります。

大学院
昨年の上半期も、担当者作が半期のトリであったことを思い出しました(もう1年経ったのですね)。かなり長い手数ですか…。

詰将棋デパート
プロ棋士特集。①は今をときめく藤井四段、注目作であることは間違いありません。
期末は6月ではないかと思いましたが、詰将棋学校のということでしょうね。


ちえのわ雑文集
握り詰における合駒について書かれています。粘りある手順にするためには、有力そうですね。


第33回詰将棋全国大会ご案内
アマ連杯握り詰の使用駒が発表されました。
なかなか大変そうな条件ですが、作家陣の腕の見せ所といったところでしょうか。


第14回詰将棋解答選手権チャンピオン戦報告
昨年は選手だった會場さんによるレポート。
第1ラウンドで誤記のため1点減点、3連覇は厳しいかという雰囲気を覆した藤井四段。ドラマチックな展開でした。 
当時の興奮が思い出されます。



今回は(も?)、まさに「ちょっとした」となりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hirotsumeshogi

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用させています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR