1984・1985年の詰将棋サロン最多入選回数争い

「将棋世界」誌の詰将棋サロン、野口益雄氏が担当された1984年から1985年まで、2年間の最多入選回数争いをまとめてみました。
1984年
8回
原島利郎氏
6回
小西逸生氏
5回
桑原辰雄氏
4回
金田秀信氏

2月号で詰将棋サロン初入選の原島氏が8回でトップ。
皆さん、多作家という印象があります。


1985年
9回
小西逸生氏
桑原辰雄氏
8回
原島利郎氏
5回
河辺野凡太郎氏
谷口均氏
平松準一氏
中村雅哉氏
4回
渡辺真一氏
野村量氏

上位3氏は前年と同じ顔触れで、安定感が際立っています。
なお、渡辺氏の発表は、この年に集中しているようです。



なお、2年間の入選回数上位5名は
原島利郎氏 16回
小西逸生氏 15回
桑原辰雄氏 14回
中村雅哉氏 8回
河辺野凡太郎氏 8回
だと思われます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hirotsumeshogi

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用させています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR