詰将棋サロン新選者就任

今回の記事は、詰将棋サロンの新選者就任についてです。
アナウンスがあった通り、将棋世界の詰将棋サロンが、4月号から新担当となりました。
最新5月号では、初の解説が掲載されています。

まずは村田五段、色々とあったと思いますが、5年3か月間の担当お疲れ様でした。
指将棋はもちろんのことですが、詰将棋作家としては既に半期賞2回の実績がある方、こちらの活躍も期待しております。

新選者は及川六段。
作家としての入選歴は、詰パラ8回・詰将棋サロン4回でしょうか。
詰パラ発表作は、昨年9月号の七種合以外は全て中編のようです。
詰将棋解答選手権にも、今年は不参加でしたが、それ以前は連続で出場されていました。

師匠は伊藤八段、師弟での担当は珍しいか…と思いましたが、村田五段の師匠は中田章道七段で、こちらもそうでしたね。
ちなみに、双玉作品に関して、伊藤八段は不採用を明言されていましたが、及川六段は発表作もありますし、問題なさそうでしょうか。

重要と思われることにも触れておかねばなりません。
詰将棋募集には、「投稿後、半年以内に掲載されない場合は、不採用となります」とあります。
ですが、現状は、「7月以降に投稿された作品は、採用の可能性がありますので、もうしばらくお待ちください」とのこと。
投稿中の方は、なかなか掲載されないからといって不採用と諦めるのは、まだ早いかもしれません。

5月号の作者顔触れを見る限りは、それほど変化したという感じは受けませんが、始まったばかりですからね。これからどうなっていくか、楽しみです。
以前も書いたのですが、柔軟な発想にも期待しつつ、引き続き追いかけていきたいと思います。
意欲はありながらも実現していない、解答送付も早い内に…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hirotsumeshogi

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用させています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR