詰パラ2017年3月号 ちょっとした感想

本日は、詰将棋パラダイス3月号のちょっとした感想を書きたいと思います。
先月27日に到着しました。
今月の詰将棋
表紙
詰将棋サロンでは好作を連発し、昨年は佳作に選出。
入選は15回(4月号現在)を数える作家が、ついに詰パラ登場ですか。今後が大いに楽しみです。

小学校
意欲的な形での初入選ですね…。

創棋会作品展
通常?より作品数が多いですね。

詰将棋デパート
三輪氏はもう入選190回ですか。
第2作品集も現実味がと思いましたが、作品の順序決定や解説が大変かもしれませんね。


全詰連の頁
「看寿賞推薦のお願い」、いよいよこの時期がやってきました。
先日の記事でも触れましたが、投票の予定です。


持駒のある風景
シルバーになる前にゴ…これ以上はやめておきます。
95歳で発表というのも、凄まじいですね。生きている自信さえ、全くありません。


ちえのわ雑文集
コンピュータの進化の歴史、ですね。
主題ではありませんが、近代将棋図式精選、将棋墨酔、将棋浪曼集の復刊は夢のまた夢でしょうか…。


名局ライブラリー
杉田宇通氏の訃報。お悔やみ申し上げます。
コツコツと創作される、ベテラン作家という印象でした。
ネットでは知らせを聞かなかったので紙面を見て驚いたのですが、訃報そのものが出ない方も多いのでしょうね…。


結果稿
短編コンクール
短コン(1996年以降)で、解説回数の最も多い冬眠蛙氏と、2番目に多い市島氏の競演?見事な解説です…(感嘆)。
評点の最も高い作品にほぼ同一作があったという展開、優勝争いは接戦だったようですね。
わずかに抜け出したのは久保氏でした。
昨年は衝突も影響してか苦い結果でしたが、きっちり返しましたね。おめでとうございます。
僅差の2位は中村氏。そういえば、A級順位戦も2位でしたね。
3位は馬屋原氏。この順位は初めてでしょうか。頂に届く日は…。

同人室
北村氏の担当は、今回が最後ということになりました。
後任は近藤氏。読者サロンの文章も読んでおきたいところです。
従来の方はもちろんのこと、新たな方、久し振りの方を取り込んだ、賑やかなコーナーが見てみたいですかね。


編集室
詰将棋順位戦、第28期の順位が発表されています。
三輪さんは、昨年C級から陥落されたような。翌年復帰の例は、存じ上げません。
最近冬眠中?である、宮原氏の作品が見てみたいです。折角枠があるのですから…。
今、一番入選しやすいコーナーはD級順位戦ではないかと思います。
1~15手、駒数制限なしと、条件も広いのですから、年4回開催で収まらぬ位の勢いで見てみたいと、勝手なことを申し上げておきます。


その他
p17にスマホ詰パラの広告が掲載されています。
「6000作品が無料配信中!!」とありますが、3月6日0時現在では8620作のようで、私であれば「8000作品」と書きますね。いつの間にか9000台になっているのでしょうね…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hirotsumeshogi

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用させています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR