「将棋世界」詰将棋サロン

本日は、前回の最後で触れた通り、将棋世界の詰将棋コーナーの中でも、「詰将棋サロン」に絞って雑文を書きたいと思います。
将棋世界の詰将棋コーナーの中で、作品の投稿を受け付けているのが「詰将棋サロン」。近代将棋なき今、重要性はより増しています。
スマホ詰パラという発表先もありますが、紙媒体での発表には大きな意味があるのではないでしょうか。

また、詰パラ向きではない作品の受け入れという役割もあると思います。
看寿賞作も、これまでに2作輩出しています。

現選者は村田顕弘五段ですが、4月号から新しい選者が就くこととなりました。
12月号では交代が、最近発売された1月号では新選者が発表されています。
お名前が書かれている所もありますが、こちらではひとまず伏せておきます。

村田五段の選者は2012年1月号からですので、期間は5年3か月となりますね。
年の途中での交代は、資料を持ち合わせているここ40年間ではなく、意外の感がありました。

村田五段の担当は、終了した訳ではありません。12月号の選者コメントから、1~3月号は作品数が増えるのではないかと勝手に期待していたのですが、1月号では変わりありませんでした。2・3月号では、どうなりますか。

新選者の方には、柔軟な発想をお願いしたいと思います。
現在の「17手以下の作品8作」というのは、常にそうだった訳ではありません。29手以下を募集していたり、6作・10作が出題されていたりという時期もありました。
入選歴がない方を対象とした「新人コンテスト」や、上級作品を集めた「上級コース」という企画が催されたこともありました。
要するに、さらに盛り上げるための、新たな試みをお願いしますという気持ちです。

希望を書くだけではなく、私の方でも、何かしたいという気持ちはあるのですが。
ぱっと浮かぶのは、1作でも解けたら、ハガキを送るくらいですかね…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hirotsumeshogi

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用させています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR