1967年4~6月号の近代将棋詰将棋

今回は1967年4~6月号の近代将棋誌、詰将棋鑑賞室・研究室のラインナップを載せたいと思います(敬称略)。


1967年4月号
詰将棋鑑賞室
1 初入選 神奈川 野村量
2 初入選 群馬 船戸喜更治
3 入選3回 北海道 渡辺三郎
4 入選8回 兵庫 吉田健
5 入選45回 群馬 桑原辰雄
6 入選8回 香川 谷口均
詰将棋研究室
A 入選119回 埼玉 柏川悦夫
B 初入選 奈良 増田光男
C 入選25回 千葉 有田辰次
D 入選4回 大阪 長谷繁蔵

1967年5月号
詰将棋鑑賞室
1 入選32回 大阪 北川明
2 入選6回 兵庫 岸本雅美
3 入選42回 愛知 細田強
4 入選11回 大阪 柴田昭彦
5 入選126回 愛知 植田尚宏
6 入選20回 北海道 北川邦男
詰将棋研究室
A 入選21回 愛知 酒井克彦
B 東京 勝浦修
C 入選31回 徳島 近藤孝
D 入選26回 千葉 有田辰次

1967年6月号
詰将棋鑑賞室
1 入選2回 神奈川 野村量
2 入選127回 愛知 植田尚宏
3 入選9回 兵庫 吉田健
4 初入選 大阪 山田安宏
5 入選12回 大阪 柴田昭彦
6 初入選 京都 若島正
詰将棋研究室
A 入選3回 千葉 大橋健司
B 入選145回 東京 北原義治
C 入選27回 千葉 有田辰次
D 入選32回 徳島 近藤孝


目を引くのは若島氏と野村氏の初入選かと思われます。
「四百人一局集」によれば、野村氏の詰将棋界デビューがこの4月号とのこと。
多作家の第一歩でした。
勝浦九段の入選回数表示がないのは、プロ棋士作品という扱いだったからかと思われます。


次回は第29期塚田賞決定の記事を取り上げる予定です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hirotsumeshogi

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用させています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR