詰パラ2016年8月号 ちょっとした感想

本日は、詰将棋パラダイス8月号のちょっとした感想を書きたいと思います。
先月29日に到着しました。
今月の詰将棋
表紙
野々村氏、将棋マガジンで入選されていたような、いなかったようなと記憶しています。
6月号で初入選ですが、既に8回とは。
ちなみに、スマホ詰パラに関しては、かなりの知識をお持ちのようですね。

短期大学
石黒氏の詰パラ入選回数、当方の調査では17回(最新は2005年11月号)です。

新人コンクール
驫(「ひょう」ですか、読めず)氏、この住所はやよい氏の印象が強いですが勝るとも劣らない活躍に期待です。
国広氏、詰将棋全国大会の参加者紹介で山路さんが言及されていました。鳥取県から、真島・上谷・山路氏に続く4本目の矢となりますか。
川嶌・三戸氏は詰将棋サロンでお見かけした記憶があります。

詰将棋デパート
5名とも看寿賞作家。
このメンバーですと、順番通り1から手を出したくなります。


全詰連の頁
駒場和男氏の訃報が中心。「ゆめまぼろし百番」の発行から、もう10年も経ったのですね…。
作品でも文章でも強烈な個性を放った、難解派の鬼才。ベタと言われるかもしれませんが、「父帰る」は何度並べても全く飽きません。
書籍ですが、「四百人一局集」「古今 詰将棋書総目録」は、私にとっては必携と言える本。後者は増補しての再発売を期待したいです。


持駒のある風景
戦後の塚田詰将棋~のくだりの真意を測りかねています。
江戸時代を通してと金よりも桂や香を用いる傾向にあった、その一方?塚田詰将棋がと金を多用したということでしょうか。詰棋めいとの特集をいずれ読まねば…。


詰将棋の散歩道
そもそも記憶していない私は問題外ですか、どうですか。


ちえのわ雑文集
色々な毛色の文章が掲載されるのは、面白いと思います。
来月も楽しみです。


第1回関西将棋夏まつり
関西での将棋まつり復活、朗報です。
近鉄将棋まつりでは、詰-1グランプリというイベントも行われていましたね。


読者サロン
大道棋教室の再開、こちらも朗報です。投稿や解答が増えれば、かつてのように詰将棋学校と並んで掲載されるでしょうか。
再開に合わせて関連書籍の新刊や復刊があれば、新しい層も取り込めそうだと思いましたが…なかなか大変ですね。


結果稿
D級順位戦
A級優勝の経験もおありの近藤氏が、復帰に一歩近づきましたか。

詰将棋デパート
「菅野氏初の煙詰」というのは、意外の感もありますし、言われてみればとも思います。


編集部
全問正解者追加。事情は分かりませんが、解答順位戦を考えますと結構重大な訂正という気がします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hirotsumeshogi

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用させています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR