詰パラ2015年11月号 ちょっとした感想

本日は、詰将棋パラダイス11月号のちょっとした感想を書きたいと思います。
今月号は、先月31日に届きました。
最初に、訂正を一つさせて頂きます。
先月号の感想で、小学校について、昨年3月号の選題の言葉が伏線か、と書きました。
ですが、昨年の10月号で既に下段玉特集が行われており、2年連続というのが正解でした。
このことに言及するのは1か月後で良いだろうと考えていましたが、気付かれていた方もいらっしゃったようで…甘かったようです。
今月の詰将棋
高等学校
谷口氏、将棋世界ではご活躍でしたが、詰パラでは3年10か月振りの登場となりました。
エンジンが温まっていることが期待できます。
大学
曲詰でないことは確かです。
大学院
摩利氏の訃報は先頃伝えられましたが、現実味が感じられません。
新人コンクール
いずれの作者も初入選から1年以上経っているような…と思いましたが、投稿時点でとありましたね。
詰パラで初入選であれば…という例もあり、絶対と言うわけではないですか。
詰将棋デパート
還元型無駄合。この作者となると、以前…と思ってしまいます。


詰将棋の散歩道
この時期の付録は面白そう、と以前から興味を持っていました。


名局ライブラリー
明石氏の直近となる入選は、2005年5月号ですからちょうど10年になりますか。
最近も会合に参加されているはずですので、離れているという訳ではなさそうです。


夢想の研究②(後篇)
古図式を研究されている方はいらっしゃいますが、目のつけどころが異なっていたのかもしれませんね。
研究にのめり込んでしまうと、それだけで膨大な時間を使ってしまう気もするので、バランスが難しそうですが…。


『らんぶる』の時代
西原氏がよく分かりませんが、いずれ明らかになるでしょう。
月桂看氏は「四百人一局集」にも載っていますが、安江久男のペンネームが有名な方ですね。
山本民雄氏作が夢想の研究に続き登場。
長きに渡って出てこなかった(と思われる)ものが、機を一にして現われるのもまた、面白いです。


読者サロン
投稿から1年が経過しているのですから、服部氏に落ち度はない気がしますが…。
大学院は月2作なので、やさしい大学院を加えてもさばけないかもしれませんね。


結果稿
大学
先月の久保氏に続き、今月はグラッジ箱氏の解説ですね。
先月号の感想で書き忘れていましたが、※が消えています。
復活の可能性もありますが…。


訃報
掲載されていませんが、ホームページには書かれていますし取り上げない訳には行きません。
駒谷・摩利・桑原氏と続いてしまいました。
ネット上では、あまりに桑原氏の扱いが小さい気が…。
書くことのできる立場でないことは承知の上で、触れさせて頂きます。
実戦型難解派の雄として著名。
将棋世界200回入選はただ一人、近代将棋300回入選は他に植田・北原氏しか達成していない快挙。
塚田賞2回、半期賞1回という受賞歴は、氏を語るにはあまり参考にならないと思われます。
妙義図式・赤城図式・榛名図式合わせて320作、これは後々まで残ることでしょうし、生前に世に出されたのは見事としかいう他ありません。
デビューから65年。より早くに登場された現役作家は金田・古関・山田氏くらいではないでしょうか。
巨星墜つですね。お悔やみ申し上げます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

桑原氏の場合、直接会ったことのある人が少ないのだと思う
(もちろん私もありません)。
そうなると、発表作のことしか語れませんからねえ。
知己の方は、ぜひ発信してもらいたいものです。

解答欄魔さん

関わりがないと、中々書けないというのは言えそうですね。
同郷ということで、金田秀信氏や杉田宇通氏と交流があったのかも…と想像してしまいますが。後は、近代将棋繋がりで森敏宏氏など。
来月・再来月あたりの詰パラで交流を語った文章が掲載されることを期待しています。

よたばなし

近所の学校の前にある文房具屋さんの屋号は「須原紙店」。
ずっと、「経営者が須原さんなんだ」と思っていました。
「すばらしい店」のシャレだったんですね。
棋名「明石六郎」から気づきました。

谷川さん

よく見掛けていても、意外に気がつかないことはありますね。

とある漫画に、須原椎造という登場人物がいたことを思い出しました。

古時計

(1)田島秀男氏の「古時計」については、いずれ書く必要がある(※)と思いますので、勉強しておきたいのですが…。
知っているのは
  「めいと賞 その10(最終回)」(『借り猫かも』2015/05/02)
にある作者コメント(めいと2002.11)くらいです。

(※)次の作品との関連で言及したいのです―
 添川公司71手・パラ1988.6デパート、図面は次のいずれかを参照:
 ・「銀とはどういう駒か」(『借り猫かも』2014/11/29)
 ・「詰将棋パラダイス2014年3月号(その3)」("someone like you" 2014/04/03:デパート・深和敬斗作の類想として)
 ・(風みどり氏が本作に言及している記事を読んだような記憶があるのですが、失念)

(2)T-Baseには、原図
 [1]田島秀男「古時計」185手・詰パラ1989.6詰将棋博覧会N
の他に、
 [2]詰パラ2001.3・26頁・原出典「安江 古時計」として
  [2a]田島秀男「古時計」193手・記事「S65.11詰パラ」
  [2b]無住遷良67手・記事「江戸 象戯大矢数」
というエントリーがあります。
なお、[2a]所引の記事に関連するエントリーは(詰パラ1990.11の意と解して)T-Baseには見あたりません。
(続く)

(続き)

[1]⇒[2a]の変更点は、
  ▲59歩を追加;持駒:飛桂歩6⇒飛桂香歩5
また、[2a]と同じ図の
  [3]田島秀男193手・詰パラ2001.5・37頁・記事「読書サロン山田修司」
というエントリーがあります。
これらはどういう記事・図面(修正図or案?)なのでしょう?

(3)まったくの余談ですが、T-Baseで
  [4]広沢芳香11手・将世1977.9詰将棋サロン
というエントリーに出くわしました。
「古時計Ⅱ」(889手・不詰・近将1995.4)の作者との関係や如何?
そもそも、この超巨編の作者について、「有名既成作家の変名では?」と考える余地はないのでしょうか。

谷川さん

田島秀男氏作「古時計」は詰パラ400号、詰将棋博覧会ステージNで出題されています。
詰将棋博覧会は142作に渡り、本作の結果稿は翌3月号に掲載されました。
4月号で162手目5三香のところ6五玉以下変化長手数という指摘があり、作者の説明も同時に載せられましたが、編集部が不完全扱いとするという判断を下しています。

時は流れ、詰パラ2001年3月号に安江久男氏による「古時計は回りはじめた」と題する論考が掲載されました。
改良図で説明されており、25手目と26手目の間に「5二玉、4一飛成、5三玉、4三龍」の4手が挿入された189手詰となっています。
また、論考の中で「象戯大矢数百之外」が紹介されています。

論考をきっかけとして、いくつかの意見が交わされました。
同年5月号の読者サロン、山田修司氏の投稿にある図は改良図の再掲ですね。


広沢氏については、2作とも「北海道」となっているくらいしか情報がないので、分からないとしか言えません。

夢想の研究について

若島正「夢想の研究②(後篇)」にまつわるコメントです。

本来なら、「回収手筋」について、TETSU「不利先打、不利逃避、不利合駒」(2015/08/05,『詰将棋メモ』カテゴリー「詰将棋」)に寄せた私のコメント辺りへ話題を引っ張っていくところなのですが、「回収手筋」の定義がイマイチ理解できていないので、今回は私らしく「しょ~もない」話題で――

若島氏がV音を「ヴァヴィヴヴェヴォ」と表記(以下「ヴ」表記)される傾向がある点について、どなたか指摘されていたと思いますので、調べてみました。文献資料5点で、外国語のV音を含む単語がどう表音表記されているか、の状況です。ヴ表記とブ表記(通常の「バビブベボ」表記)のそれぞれに連番(v,b)を振りました。

■「盤上のパラダイス」(三一書房,1988)
b1 ベートーベン p84
b2 テレビ p84
b3 ベテラン p86,98
v1 イヴ p160
b4 オーバー p202
v2 キャンヴァス p209

■「盤上のファンタジア」(河出書房新社,2001)
b5 ダイビング p89
v3 ディスカヴァード・チェック p117

■「夢想の研究①」(パラ2014.8)
 Vの用例なし。

■「夢想の研究②(前篇)」(2015.8)
v4 エヴゲーニイ・ウムノフ p34上段
b6 レベル p34下

■「〃(後篇)」(2015.11)
v5 ヴァージョン p34下
v6 ヴァリエーション p35上、p36下

(続く)

(#2:若島正のV)

なお、他の方がv6と同じ用字法(ヴァリエーション)をされている例として、

・久保紀貴氏:パラ2016.6大学[3月号]結果稿p78三段目
・馬屋原剛氏:(パラ誌上だったと思うが、出所失念)

を挙げられます。

ちなみに、私の場合、v4を「エフゲーニィ」とする以外は、全部ブ表記にするでしょうね。

思うに、若島氏は(英文学者というか)英語教師という立場から、(日本語でブ表記が定着している場合以外は)原音に忠実に表記したい、という態度を貫いておられるのでしょう。

谷川さん

法則のようなものがあるのかもしれませんが、真意は若島さんに直接尋ねるのが、最も確実そうですね。
プロフィール

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用させています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR