詰パラ2015年7月号 ちょっとした感想

本日は、詰将棋パラダイス7月号のちょっとした感想を書きたいと思います。
今月の詰将棋
表紙
私の印象としては、近代将棋誌での面白命名(詰上り)シリーズが強い作者です。
「龍が船にストン」「今夜も日本酒が旨い」「湖上でデート」などなど。
詰パラでも、氏がまだストックをお持ちであれば、個展というのも面白そうです。
そういえば、曲詰を好まない方がネット上では多いのでしょうか。
解答者には受けると思いますが…。私も嫌わない方です。

短期大学
4と5の入選回数が、高等学校と同じになっていますね。

大学
新担当者就任。
久保氏と、もうお一方。
ペンネームの担当者は詰将棋学校ですと、あっちゃん氏以来ですか。
(7月5日追記:大道棋教室は詰将棋学校に入るのかという問題もありますが、それよりも大学院の風みどり氏を失念しておりました。大変失礼いたしました。)
グラッジ…恨み+箱=織江の唄……どう考えても関係ありませんね。
もちろん、期待しております。

大学院
添川氏の2作。昨年もありましたね~(10月号)。
発表先が3誌あったのであれば、近代将棋に投稿されていた作品も少なくなかったのだろうな、とふと思います。

詰将棋デパート
4と5に何かが漂っている…。


看寿賞発表
22頁というボリューム。
受賞された皆様、おめでとうございます。
予想2年連続全部門外しということが回避されて、ほっとしています。
お前はどの作品を選んだのか?という質問はご遠慮ください(苦笑)

浦野八段の後任となる選考委員は北浜八段ですか、妥当な所ですね。
詰将棋サロン選者もこのバトンタッチでしたか。

一次投票、表が散らばっていますね。

出典がないということは、詰パラ読者なら「テレポーテション」は常識ということでしょうか。
半期賞受賞作品ではありますが、30年以上前の発表ですよね(詰パラ1983.5)。そんな常識は嫌です(笑)

結果として、6作受賞。
奨励賞や特別賞での4作受賞を除外しますと、昭和56年度と平成11年度と並ぶ多さでしょうか。
前者は初の1桁受賞・飛生4回・「イ」・「メガロポリス」・「月蝕」・「七対子」。
後者はB級順位戦首位作・「回転銀」・39香・「馬×馬」・「乱」・大道棋最長手数(当時)、「アルカナ」「らせん」などが受賞を逃がしていますね…。
今回は、短・中・長2作ずつ受賞でバランスが良いでしょうか。
満票を獲得した作品はなし。これは「位置エネルギー」の突出さか、それとも昨年の混戦の表れでしょうか。

ネット発表作から看寿賞が初めて出た訳ですが、個人的には、おもちゃ箱から出ても革新的という感じはあまりしません。
既に詰将棋展示室での出題は10年を数え、同じくらい、いえそれ以上の間ネット詰将棋界を牽引してきた実績があります。
そのようなことを考えると、雑誌掲載に準じるという思いがいたします。
とはいえ、大きな出来事と言えそうです。

宮原氏は2011年デビューですよね…(詰将棋サロン)。これからも素晴らしい作品を見せて下さいませ。
添川氏、12回の受賞って何じゃそりゃという感じであります。

2次選考3票で惜しくも届かなかったのは、馬屋原氏と佐々木浩二氏。
馬屋原氏は、短コン2位もありますが、アマ連杯握り詰での2位が続いたせいか、惜しくもが多いという失礼なイメージがありまして…。
決して無冠の帝王という訳ではなく、半期賞を2回受賞されていることも忘れてはなりません。
そうでした、アマ連杯も昨年は1位でしたね。
超弩級の作品を発表されて、あっと言わせることを無責任に期待させて頂きます。

来年に目を向けると鬼に笑われそうですが、個人的には、来年の中編賞と長編賞の推薦は既に1作ずつ決まっております。
ただし今後、変わることもあるかもしれません。

受賞作の中身に触れていないですと?うっ、耳が痛い…。


持駒のある風景
グループで出逢ったね夏の高原~石が飛んできそうですね、すみません。


結果稿
余詰が数作出てしまいました。
昔であれば、(有名作家の作品を)潰せてうれしいという感想もありそうなものですが、さすがに今はありませんか。
作者にしてみると、残念という気持ちは今も昔も変わらないものでしょう…。

九州G作品展
作品理解への厳しい道を思わされます。
私は全く分からないまま一生を終えるのか、と思うと少し暗い気分になってしまいます。
まあ、私は楽しめればよいと考える志のあまり高くない人ですので…。


福村氏のコメントを読むことができる6・7月号が刊行されてしまいました。
次は来年の6月号でしょうか…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

グラッジ

やっぱ、グラッジって意味悪いですよね。
なら本名のキーワードになっていると推測してます。
でも、僕にはサッパリ分からないです。
僕は肉饂飩子さんくらい分かり易いのしか分かりません。

No title

あっちゃんは大道棋教室だったような。首さん以来なんでしょうか。

アナグラム

「恨み箱」の並べ替えが作意でしょうが、完全じゃない。
「羨み箱」でないと。

コメント返信です

三輪さん
頭が固い私には、なかなか難しいですね。
分からないながらも解説を読む、というのもまた一興でしょうか。

桂花さん
この指摘は来るかなと考えていました。
大道棋教室があった頃の詰将棋学校要項を読み返しましたが、別扱いですかね。
と思いながら、資料を読んでいて顔面蒼白に。
風みどり氏がペンネームでしたね、いやはやとんでもない読み抜け…。
後ほど訂正させていただきます。

解答欄魔さん
ああ、なるほど!

話題に上げてくださりありがとうございます(笑)
確かに次点に甘んじることが多いかもしれません・・・。
今年のアマ連杯握り詰は以下のページを拝見して自信をなくしましたが、ライバル作品次第だと思います。
http://hirotsume.blog.fc2.com/blog-entry-38.html

超弩級の構想も作図力もまだないですが、精進していきますので気長にお待ちください。

惜しくもが多い作家さん

あくまで私の勝手なイメージですので(汗)
今年のアマ連杯握り詰、制するのは長手数かミニ煙かはたまた…楽しみです。
超弩級作品を見届けるまで、細く長く頑張り?たいと思います。

大学院ジャック

T-Baseで検出した全事例です(敬称略)―

①1964.05山田修司 A65手「織女」 B93手「牽牛」
②1968.04黒川一郎 A101手「天馬」 B91手「荒駒」
③1984.02安達康二 A69手 B105手「大車輪」
④1984.10添川公司 A113手「初戀」 B189手(ヒロイン)
⑤1984.11添川公司 A85手 B123手「帰去来」
⑥1986.11相馬康幸 A85手 B101手
⑦1987.10赤羽 守 A89手「信濃路」 B89手「千曲川」
⑧1989.02高田豊通 A179手「犀川」 B187手「浅野川」
⑨1989.09山田康平 A59手「ユニコーン」 B83手「ドーベ」
⑩1997.01梅本拓男 A51手 B83手
⑪2000.10安達康二 A69手(夢の車輪) B51手
⑫2006.10大塚播州 A55手「角恋慕」 B65手「金襖」
⑬2009.11草野翔吾 A77手 B97手
⑭2014.10添川公司 A127手「土筆」 B147手「枯野行」
⑮2015.07添川公司 A107手「はやぶさ」 B109手「戴冠式」

―④⑤の4題連続同一作者というのは異様(威容?)ですね。

補足データですが、例によって2004年以前の①~⑪については、手持ちの貧弱な資料により判明した範囲のものになります―

(1)担当者
 ⑦ 相馬康幸
 ⑨ 高坂研
 ⑩⑪首猛夫
 ⑫⑬大崎壮太郎
 ⑭⑮安武翔太

(続く)

(#2)

(2)⑤B「帰去来」は1983.11の出題図が誤植で、再出題。
何故12ヶ月も要したのか不審ですが、誤植のため期がずれ、「妖精」「天女」とかちあわず、看寿賞をとれたのは僥倖でした。ちなみに、最初は天女と同時出題だったんですね。

(3)テーマ・条件の共通/類似性
 ①A歩なし煙、B貧乏煙
 ②馬鋸
 ③全駒⇒市松
 ⑧馬鋸(接近)×連取り
 ⑪横型市松
 ⑭煙
 ⑮都煙

(4)並び順
普通「手数の昇順」ですが、②と⑪は逆。傑作が「トリ」でないのが少し不思議な感じがします。

(5)併載理由
担当者の言及を見たことがあるのは、⑬の大崎氏―
「最後は自分の作品を2題出題して終えようと思っていたのですが、結局ひとつもできませんでした。(中略)今月、自分の作品を2題出題することが叶わなかったので、別の方の作品を2題出題することにしました。」(2009.11選題稿)

(6)不完全
③A不詰、B余詰⇒修正97手(『夢の車輪』)
④A余詰⇒修正107手(1988.10読者サロン)、B余詰⇒修正(同)
⑧はともに不完全?
T-Baseでは、<1>1989.08読者サロン、<2>めいと1995.06「新・馬子歌集(10)」とペアで更に2回登場。<1>では2作とも修正、<2>ではBのみ再修正。
⑨A不詰、B余詰
⑬A余詰

(続く)

(#3:土筆)

なお、⑦はともに完全ながら『信濃路』には改良図で収載。

(7)命名時期は、⑪A「夢の車輪」は結果稿にて、のようです(『夢の車輪』による)が、④B「ヒロイン」は修正図発表時でしょうか。

(8)看寿賞受賞
 ①(合わせて?)奨励賞
 ②(合わせて?)長編賞
 ⑤B 長編賞
 ⑪A 特別賞
 ⑭B 長編賞

(9)半期賞受賞は、⑦B「千曲川」しか私は確認できませんでした。

★添川煙漫話
⑭の「枯野行」と「土筆」は意外に「姉妹作」かもしれない、と思うようになりました。
枯野行の後半は趣向手順(3種類の飛龍追い)で出来ていますが、土筆の方は前半の主役が斜め・縦の2種の金追いになっているのですから。
余談ですが、この2つの金追いが翌年の煙詰の先駆になっているのは面白いですね。つまり―
・斜め追いは、「はやぶさ」の全体趣向の前半部と同じ;
・縦追いは、"桂香を打ち、一旦追い上げ、金で追い戻して、桂香を捌く"という「積み崩し」の構成で、武島広秋「泡沫」のミニミニ版といった感じ
―こうして見ると、「土筆」を看寿賞に推した人が私以外にいない、というのは結構意外かも。

谷川さん

担当者は、①龍亭知角氏、②棋看坊氏、③~⑥山本昭一氏、⑦相馬康幸氏、⑧高坂研氏のようです。

⑧は両方とも余詰ですね。

半期賞ですが、「千曲川」の他に、②(恐らく)両方セット、⑤「帰去来」、⑥85手が受賞しています。

「ヒロイン」「夢の車輪」は出題時に命名が書かれておりました。
プロフィール

hirotsumeshogi

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用させています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR