詰パラ2015年4月号 ちょっとした感想

本日は、詰将棋パラダイス4月号のちょっとした感想を書きたいと思います。
今月の詰将棋
小学校
石川英樹氏が復活。
入選回数が正しければ、1997年8月号以来の登場。17年振りですか。
ストック豊富のようで、当分の間氏の作品を楽しめそうです。

短期大学
スマホ詰パラでご活躍の梶下氏が初入選。
今年の注目新鋭作家となるのではと思います。

大学院
大学院の氾濫…解答者の負担が大きいですか。

第7回ホームページ作品展
よりフレッシュな顔触れになるかと思っていましたが、安定感のある気がします。

詰将棋デパート
大学といい、次期担当者は大変ですね。
絶連特集の募集が行われています。前回は1作しか解けないというズタズタの結果でしたか。次回はどうなりますか。

初入選の方が多く、喜ばしいことだと思います。


半期賞発表
こんなに当たらない予想は初めてといいますか…。全作外しました。
千葉氏、私としては未だに謎の作家という印象です。

持駒のある風景
「雨滴」、申込みをすれば頂けるような書き方がされていますね。
私ももちろん欲しいのですが、以前ブログで告知されていた方の意思を尊重し、苦労をして?手に入れたいと考えています。

読者サロン
読み応えたっぷり。嬉しいです。

2014年学校短編平均点ベスト20
短編の平均点2.9超えは2011年5月号谷口均氏作以来、約3年振りでしたか。

会合案内
詰工房の参加者、髙木氏のような気もするのですが…。
参加していないので、何とも言えませんが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

2月の男

島根県にお住まいのはずですが、手元にある詰パラの「会合案内」だと、高見秀夫氏の詰工房出席は、
 第195回(2007/02/24)
 第219回(2009/02/22)
 第267回(2013/02/17)
 第279回(2014/02/22)

となっています。やはり目的は「酒を飲みに」ということなのでしょうか。「連続参加」ではなさそうですが。
なお、第279回の出席者名簿には「小池正浩」という名前も見えますね。

谷川さん

詰工房参加者については、書き間違いではなさそうですね。
年1回ほどとはいえ、東京の会合に島根から参加されているのですか…。

昨年のことについては、記憶が定かではありません…。
プロフィール

hirotsumeshogi

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用させています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR