「將棋評論」詰将棋コーナー目録(1948年)②

將棋評論誌の詰将棋コーナーで1948年に発表された作品の目録、2回目です。
第2巻第4號(1948年4月)
詰將棋新題
イ 月本仁治
ロ 甘野痩歩
ハ 金田秀信
ニ 柏川悦夫
ホ 吉原輝彦
ヘ 村山隆治
創作一握り詰(第八回)
野村正鬼
谷向奇道
野口益雄
北村研一
西山信義

第2巻第5號(1948年5月)
詰將棋新題
イ 山田修司
ロ 村山隆治
ハ 田代達生
ニ 柏川悦夫
ホ 龜井昭造
ヘ 吉原輝彦
創作一握り詰(第九回)
二上達也
長瀨淸
古関三雄
北村研一
宮本兼利

第2巻第6號(1948年6月)
詰將棋新題
イ 野口益雄
ロ 西山信義
ハ 鈴木尚歩
ニ 渡邊一平
ホ 柏川悦夫
ヘ 秦泉寺晴彦
創作一握り詰(第十回)
宮本兼利
清水孝晏「戻り玉」
和田平一
金田秀信
村山隆治
北村研一
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

父の詰将棋の内容を知りたい。

初めて、投稿します。

もう他界しましたが、私の父の名前は
西山信義と申します。
父が地方の新聞などに、詰将棋や
観戦記を掲載していることは、
知っていましたが、現在全く
手元に残っております。

この棋譜や内容を確かめる方法を
知りたいと思い、投稿しました。

もし、ご存じのようでしたら、
教えていただきたいと存じます。


第2巻第6號(1948年6月)
詰將棋新題
ロ 西山信義

西山シンギ?

ご質問の件と直接関係はないのですが、少し気になることがあったので―

T-Base(全日本詰将棋連盟が頒布しているPC用の詰将棋データベース)で調べた結果です。

まず、作者名「西山信義」でのエントリーは、
  将棋評論1948.06 11手
の1件のみです。同誌1948.04の創作一握り詰(第八回)は収録されていません。

問題は、変名と思われる「西山伸棋」という作者名が見られることです。エントリーは10件で、いずれも「将棋世界」誌:
月号  手数
1948.03 11
1948.05 11
1948.06 13
1948.07 13
1948.09 13
1948.10 13
1948.11 17
1948.12 9
1949.01 15
1949.06 19

―以上、「信義→シンギ→伸棋」という可能性もあるか? という思いつきだけの書き込みでした。

(追記:青山伸樹)

アヤシい作者名と言えば、「青山伸樹」というものもありますね。「西山伸棋→セイザンのぶき→青山伸樹」ですから。エントリーは3件:

将棋世界1948.04 13手
将棋世界1948.08 11手
(旧)王将1948.11 9手

西山さん

はじめまして。コメントありがとうございます。
作者のご家族のコメントを見る機会というのは貴重で、嬉しく思います。
詰将棋のことでしたら、少しはお役に立てるかもしれません。

西山信義氏作、將棋評論第2巻第6號掲載の作品は、残念ながら今すぐには示すことができません。
ですが、2作ほど図と手順が手元にございますので、紹介させていただきます。

將棋評論 昭和23(1948)年3月号
詰方:6一角 6五飛 7二と 7六桂 8六香 9四歩
玉方:7一銀 8三歩 8七と 9二玉
持駒:なし
手順:8三香成 同玉 8二と 同玉 9三歩成 9一玉 9二歩 8一玉 8五飛 8二歩
同と 同銀 同飛成 同玉 8三銀 9三玉 9四銀成 9二玉 8三成銀 9一玉
9二歩 8一玉 7二角成まで23手詰
(第七回創作一握り詰入選)

將棋評論 昭和23(1948)年4月号
詰方:2六桂 4三馬 4四銀 5一飛
玉方;1二歩 1六と 2二玉 2三歩 2五銀 3一金 3三香 3五歩
持駒:なし
手順:3一飛成 1三玉 2二龍 同玉 3三銀不成 1三玉 1四香 同銀 2二銀不成 2四玉
2五金 同銀 3三馬まで13手詰
(第八回創作一握り詰入選)

一握り詰というのは、使用できる駒が決められている中で創作する催しを指します。
確実ではありませんが、1週間ほどお時間をいただければ、さらに1作以上ご紹介できるのではないかと思います。

なお、不特定多数の目に触れるコメント欄ではちょっと…という話題がおありでしたら、メールアドレスを載せますので、そちらへお送りいただければ返信させていただきます。

hirotsumeshogi+gmail.com (+を@に変更)

谷川さん

將棋評論・創作一握り詰のコーナーでは、図面の上に作者名、横に住所と氏名が書かれています。
1948年4月号の該当頁を見ますと、前者は西山伸棋氏作、後者は西山信義氏となっております。
この記述を見る限りでは、同一人物と申し上げてもよいのではないでしょうか。
青山伸樹氏と同一人物かは推測の域を出ませんが、可能性はありますね。

父のペンネーム

半年ぶりに投稿します。

まさか、私の最初の投稿にコメントが寄せられるとは思ってもみませんでした。
昨日、このブログを見たらコメントがあったので、
驚くとともに、過去の記憶をたどり思い出したことがあるので、再投稿しました。

西山信義は、「にしやま のぶよし」と読みます。

西山伸棋の名前には、見覚えがあります。
確かその名前の古い原稿を見た記憶があります。まず、間違いないと思います。

ただ、青山伸樹については記憶がありません。
この棋譜が作られたのは、私の生まれる前の
ことです。ただ、父は大事にかなり長い期間
その棋譜を保管していたので、何回か見たこと
があるので、思い出しました。

せっかく、いろいろなコメントを頂いたので、
報告します。

西山さん

再びのコメント、ありがとうございます。

以前の繰り返しですが、作者のご家族のコメントを拝見するのはなかなか貴重な機会です…。
作者の数だけ、物語があるのだと改めて思わされました。
新たな角度からの視点を伺えて、嬉しく思います。
プロフィール

hirotsumeshogi

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用させています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR