2014詰将棋サロン年間優秀作品発表

「詰パラ ちょっとした感想」の後ろに書こうかとも考えたのですが、結局独立の記事にすることとしました。
2014年の詰将棋サロン、年間優秀作品が「将棋世界」3月号で発表されました。
現在発売中ですので、詳細なネタバレは控えさせて頂きます。
年間最優秀作は納得の作品が選ばれました。終始緩まない手順です。
作者は脂が乗っていると感じさせます。

個人的には一押し作品がありまして、話題に上っていなければ掲載しようと考えておりました。
ですが、言及があり図面・手順も紹介されていましたので誌面をご覧下さい。
手順の統一感が素晴らしい…。

印象に残ったのは、入賞者の若さでした。
恐らくTHさんが最年長ですね。
次代を担っていく作家達(既に実績ある方もいらっしゃいますが)のこれからを見届けたいと思います。

昨年の投稿作が1500超というのは驚きました。
その中から入選するのは年間96作、狭き門ですね。
近代将棋の休刊が2008年ですから、発表場所の減少との関連は薄そうです。
創作する方が増えたのであれば、喜ばしい事です。

新作詰将棋(入選扱い)を付録に…というアイデアを考えてみました。前例もあることですし。
今度、解答を送りその際に書き添えてみようかなと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hirotsumeshogi

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用させています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR