半期賞多部門受賞者

今回の記事は、某所に書いた文を手直ししたものです。
「見たことがある」という方もいらっしゃるでしょうが、ご容赦のほどを。
詰将棋パラダイス誌の大看板が「詰将棋学校」であることに、まず異論はないかと思われます。
現行では、小学校・中学校・高等学校・短期大学・大学・大学院の6部門が存在します。
上半期であれば1~5月、下半期であれば7~11月に発表された作品の中から原則1作選出されるのが半期賞です。
入選自体が選ばれたことを意味しますし、ましてやその中からの受賞ということで、1部門で獲ることも容易ではないと思います。

今回、半分よりも多いという基準を設け、4部門以上で受賞されている方を調べてみました。
別名義は、判明している限りで本名と合計して数えました。

その前に、4回以上受賞の方はどのくらいいらっしゃるのだろうと調べました。
すると、54名のようだという結論に至りました。
ちなみに5回以上は39名、6回以上は25名のようです。

さて、本題の多部門受賞者です。4→5→6と書いていくこととします。

4部門受賞…鮎川まどか・市島啓樹・伊藤正・大橋健司・北原義治・小西逸生・佐々木聡・谷口均・原亜津夫・山田修司・若島正の11氏

5部門受賞…有吉澄男・上田吉一・岡村孝雄・山本民雄の4氏

そして…
6部門受賞…赤羽守氏

という調査結果でした。
幅広い分野で実績を残された作家の名が並んでいます。

5部門受賞者の内、既に亡くなられている山本氏は小学校、山本氏以外の方は

有吉氏・岡村氏…大学
上田氏…小学校

で受賞が現在までの所ないようです。

なお、赤羽氏の受賞内訳ですが、
小学校1、中学校4、高等学校2(赤羽土地名義を含む)、短期大学1、大学1、大学院3の合計12回となっております。


本年はこの記事が最後となります。
皆様、今年もありがとうございました。よいお年を。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hirotsumeshogi

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用させています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR