自画自賛 湯村光造氏(近代将棋昭和41年5月号)

詰将棋作家の自慢の一局を紹介する昭和41年の近代将棋誌連載「自画自賛」、本日の更新分は湯村光造氏のものです。

湯村光造
看寿賞(一回) 塚田賞(一回) 国鉄職員

(本誌 25・11)


自画自賛に十六年も前の旧作をひっぱり出すのは、おはずかしいことですが、読者層も相当変わっているでしょうし、小生の短篇の代表作として、この図をみて戴くことにしました。常識にあき足りないわれわれ詰棋人は、「裏がえし」の面白さを求め続けますが、本作は、「裏がえしのまた裏がえし」を主題としたものです。一見、古来の有名手筋である16龍が目につきますが、これは17金の中合いでのがれとなります。そこで37角の凡手で始まるわけで、以下、特に妙手といえる手もありません。従って、16龍のまぎれを考えずに37角から解かれた方には、何の面白味もないのですが、少しでも詰棋の手筋を知っている方は、「裏がえしの裏がえし」の妙味を感ぜられることと思います。
形と詰上りの良さは短篇の必須条件です。近頃、形にとらわれず内容を、という意見がありますが、栄養があれば、味も香りも悪くとも良いというようなものです。「最小の形式に最大の内容を盛りこむ」ことが、あらゆる芸術作品に共通の命題であるそうですが、これは何も詩や絵画に限らず、機械の作品だってそうです。蒸気機関車より新幹線電車の方がスッキリした良い形をしています。

この作をもう一回裏がえした姉妹作がありますので、蛇足ながら末尾につけました。どこがもう一回裏がえしかは、解いてご覧下さい。ついでに、「入玉実戦型」(実戦じゃこんな形になりっこないが)であることと、詰上りも姉妹作であることに気がついて下さるとうれしいんだがなあ。

(本誌 26・6)



私にとっては打歩詰研究のイメージが強い湯村氏の「自画自賛」でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hirotsumeshogi

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用させています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR