続・詰将棋の能率的勉強法(4)(近代将棋昭和45年10月号)②

まずはお知らせです。
指摘を受けてから随分時間が掛かってしまいましたが、1000手以上の作品においてのバグを、フラ盤に差し替えることにより修正しました。
任意の手数へ飛ぶことはできませんが、バグはない状態となっています。

今回の記事の本題である村山隆治氏の連載「続・詰将棋の能率的勉強法」、第4回の後半部分です。
② 合駒の効かない形
詰将棋の分野では、前項の”合駒の効く形”より、この合い効かず形の方がはるかに多いのです。
合い効かずの形にもっていく手段が、この種詰将棋の特徴でもあって、それには捨て駒により玉の位置の転換を計るのがコツです。

(第5図)
続第4回第5図

第5図。二上八段の作品です。一瞬考えられる手は、合い効かずの3三銀不成だと思います。いかにも死命を制したような気持ちのよい手ですが、以下2三玉・2四龍・1二玉となって、玉方の金・銀がよく効いてきますので詰みません。
また2四龍のところ2四金では、1二玉・1三金・同玉・2四龍・1二玉・1四龍・2一玉でダメです。といって下部の逃げを防いでの3三銀成では、2四に飛・金以外の合駒をされてやはり失敗します。
下部への逃げと、そして合い効かずの形にもって行く2四金捨ての巧手を、よく味わってほしいと思います。
第5図。2四金・同玉・3三銀成まで、3手詰。(詰上り図)

(詰上り図は3三銀成まで)
続第4回第5図詰上り図



2四金の一手を、もし実戦で発見したら胸がドキドキして指先がふるえる事でしょう。

(第6図)
続第4回第6図

第6図。『強くなる詰将棋』北村七段の詰将棋です。
と金が動いての開き王手しかありませんが動く場所は4ヶ所あります。さて、どこに動くのが正着か、ピッタリ読み切って下さい。
第6図。2一と・2三玉・1三馬・同玉・2二飛成まで、5手詰。



あとの手段を考慮した2一とが正解、冴えた1三馬捨てが急所です。

(第7図)
続第4回第7図

第7図。二上八段の短編佳作品詰将棋。
2四龍が玉方の3五銀によって当りになっていますので、単なる開き王手では龍を抜かれて失敗することになります。例えば、2三角・2二玉・1四角成は、2四銀と素抜きにされます。このように主駒が抜かれる形は、ウカツなことはできません。金気が一枚あれば簡単ですが、頭の丸い角2枚だけに不自由なことになっています。
どうやら”質の変換”問題のようです。
玉方4六金の配置に、謎が秘められているのでは……と気づかれた読者は、相当な腕の持主です。もし2三角と打って、開き王手で馬に成り変わるときに敵金が取れればしめたものです。それには前提工作として、4五角すてが必要になります。4五の点に金を呼び出さないと、詰まなくなることも、この作品の重要なポイントになっています。

(途中図は3二玉まで)
続第4回第7図途中図

4五角に対して3四に合いをすれば、2三角・2二玉・3四角成・2四銀・2三馬までなので、同金と取る一手です。かくて角捨てによって、金の質駒ができましたので、2三角から4五角成が実現し、玉は3二の点に逃げるよりなく、途中図になります。ここで守備銀の移動を計る2二龍が、見事なキメ手。もし4三玉の逃げなら5四金まで、4五馬の効能がこの時点で現われるのです。したがって、もしも初手で4五以外の点に角を打ちますと、金を入手する位置が悪く、前記4三玉の変化に出られて失敗します。
第7図。4五角・同金・2三角・2二玉・4五角成・3二玉・2二龍・同銀・4二金まで、9手詰。



(第8図)
続第4回第8図

第8図。内藤八段の作品です。角を持っていますので、3三玉形になれば4四角の一発があることに気づき、まづ3三の点に銀が突込む手を考えるように、なってほしいものです。1三玉の逃げが常につきまといますから勘からいっても3三銀不成でしょう。
このような形の詰将棋を考えるコツは、1三玉と逃げた場合に、詰む手を探してみることで、そうすれば手の発見も容易な筈です。したがって1三桂を守る3一角では、1二玉で切れ筋となります。勿論初手2一飛成は1三玉で逸走されてしまいます。

(途中図は1一玉まで)
続第4回第8図

3三銀不成に対して1三玉なら、1一飛成・1二合・2四銀成までですので、3三同歩と取るよりありません。この形になれば、こんど3一角に対して1二玉は、4二飛成がありますので、1一玉よりありません。これで途中図ですが、単なる4二角成の開き王手では1二玉でダメ、2一桂成り捨てから1三角成の呼吸が正しい開き王手の掛け方です。
第8図。3三銀不成・同歩・3一角・1一玉・2一桂成・同玉・1三角成・3二玉・3一馬まで、9手詰。




付録 アンチ開き王手の形
いかにも開き王手の筋のような形をしていますが、実際はそうでないという、アンチ開き王手の詰将棋もあるということを、紹介しておきましょう。

(第9図)
続第4回第9図

第9図。北村昌男七段の詰将棋です。形から推測すれば開き王手の筋と早合点しそうですが、そのウラをかいた作品なのです。このようなものもありますので、一応警戒する心構えは必要と思います。

(途中図は2一玉まで)
続第4回第9図途中図

主駒(2五龍)が抜かれる形ですから、ウカツな手はできません。初手1二飛が正着で2一玉となり途中図です。この局面で4一角成の開き王手が目に映りますが、以下2五桂・3一馬・同玉・3二金まで、詰みと早合点しては落第です。4一角成に対し、1二玉と軽くいなされて失敗、以下2三龍なら1一玉で、また2三馬なら2一玉で僅かに逃れます。
第9図。1二飛・2一玉・1一飛成・同玉・1四龍・2二玉・1二龍まで、7手詰。



いかにも肩すかしを喰ったような、オトボケ作品でした。

(第10図)
続第4回第10図

第10図。清水孝晏四段著『新選詰将棋』の一局です。この形から想像されることは、開き王手の筋か、両王手の狙いでしょう。ところが3二銀をいたずらに動かしての、開き王手、両王手は、いづれも2三玉の逃げでダメです。そこで思考をガラリと変え、もし1三玉の形になったら、どんな手があるのか考えてみましょう。そうです。銀効きを利しての3三龍まさにこれです。この形にするには、1三から何か打つ王手よりありませんが、いきなりの1三金では、同銀と取られたあと、この銀が2二の点に効いてきて、どうもうまくいきません。そこでもとに戻って仮想図を見ていただきましょう。

(仮想図)
続第4回第10図仮想図

2二玉形で、1三の点が玉方の駒で封じられてしまいますと、以下3一龍・1二玉・2一龍までで詰むことが判ります。したがって○印に王手をされますと、同玉と取らざるをえなくなり、前に述べた3三龍が成立することになります。仮想図の形にするには、どうしたらよいでしょうか。持駒が飛と金ですから、金を残して(1三金と打つため)の2二飛打ちが正着となります。
第10図。2二飛・同玉・1三金・同玉・3三龍・同銀・2三金まで、7手詰。



2二飛と捨て、玉を一間引きつけてからの1三金が、素晴らしい絶妙手で、超短編の秀作と思います。

まとめ
開き王手の形
詰方の飛(龍)・角(馬)・香の効き筋を妨げている駒が、移動することによって生ずる王手を、”開き王手”という。
これには2つの形がある。
① 合駒の効く形
② 合駒の効かない形
①の場合は、”合駒の形”で説明した解決法によればよく、②の場合には、捨て駒により形の変換をし、玉を合効かずの接点に誘導するのが解決のコツです。
                                   ――開き王手の項おわり――
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hirotsumeshogi

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用させています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR