第82~100期の塚田賞受賞作品一覧

第82期以降の塚田賞受賞作品一覧(第82~100期)を以下に掲載します。
第82期(平成5年下半期)
短篇賞 富樫昌利
中篇賞 金成憲雄
長篇賞 杉山正「天使の跳躍」

第83期(平成6年上半期)
短篇賞 有田辰次
中篇賞 山田修司
長篇賞 河原泰之「WALTZ」

第84期(平成6年下半期)
短篇賞 林雄一
中篇賞 原島利郎
長篇賞 北原義治

第85期(平成7年上半期)
短篇賞 市島啓樹
中篇賞 巨椋鴻之介
長篇賞 角建逸「遠雷」

第86期(平成7年下半期)
短篇賞 中野和夫
中篇賞 関半治
長篇賞 今村修「天月舞」

第87期(平成8年上半期)
短篇賞 市島啓樹
中篇賞 田中寛之
長篇賞 馬詰恒司「夢のまた夢」

第88期(平成8年下半期)
短篇賞 斎藤吉雄
中篇賞 中野和夫
長篇賞 OT松田

第89期(平成9年上半期)
中篇賞 岡本眞一郎
長篇賞 曽我正純

第90期(平成9年下半期)
短篇賞 中野和夫

第91期(平成10年)
短篇賞 山腰雅人
中篇賞 高坂研
長篇賞 曽我正純

第92期(平成11年)
短篇賞 酒井博久
中篇賞 鎌田研
長篇賞 北川明「細雪」

第93期(平成12年)
短篇賞 流田義夫
中篇賞 野村量
長篇賞 曽我正純

第94期(平成13年)
短篇賞 北原義治
中篇賞 山田修司
長篇賞 内藤國雄「ベン・ハー」

第95期(平成14年)
短篇賞 金子義隆
中篇賞 江口伸治
長篇賞 添川公司「明日香」
特別賞 森田銀杏「トランプ詰」

第96期(平成15年)
中篇賞 山田修司「歩の幻想」
長篇賞 添川公司「早春譜」

第97期(平成16年)
短篇賞 三浦司
長篇賞 添川公司「妖精2」

第98期(平成17年)
短篇賞 妻木貴雄
中篇賞 岩崎守男
長篇賞 添川公司「桜坂」

第99期(平成18年)
短篇賞 野村量
中篇賞 岩崎守男「エスカレーター」
長篇賞 添川公司「バッカス」

第100期(平成19年)
短篇賞 金子義隆
中篇賞 中島久雄
長篇賞 添川公司「阿修羅」



次回の更新は「『第82期以降の塚田賞受賞作品』の更新を終えて」を予定しています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

受賞回数:看寿賞vs塚田賞

「詰将棋の欠片」の塚田賞データを元に、看寿賞(平成26年度まで)と塚田賞(佳作・新人賞を含む)の受賞回数の「相関表」(2次元度数分布表)を作成しました。
受賞回数(「5回以上」は一括)の組合せ毎に、該当する人数をmatrix形式で―

看 塚田賞受賞回数
寿 0 1 2 3 4 5~ 計
0  - 71 21 8 3 5 108
1 40 6 6 4 1 1 58
2  8 4   2   3 17
3  3 1      2  6
4  1 2 2      5
5~ 1       3  4
計 53 84 29 14 4 14 198

名寄せは―

有吉澄男(真尚哉)、伊藤正(I.TADASHI)、上田吉一(詰吉・上島正一)、江口伸治(町田伸二)、巨椋鴻之介(小川三四郎)、柏川悦夫(香悦)、北原義治(黒柳徹和)、酒井克彦(駒三十九)、七條兼三(墨江酔人)、田中輝和(鵬看)、中野和夫(波崎黒生)、水上仁(門前清一)、森田正司(銀杏)、森長宏明(愛上夫・市橋豊)、若島正(上島正一)

―看寿賞の受賞者は90名、塚田賞は145名、重複を除いた受賞者総数は198名になりましょうか。それほど誤っていないことを祈ります。(と言いながら「私の知らない棋名をhiroさんがご教示して下さるのでは」と期待していたりします。)

(続く)

(#2:偏りのある作家)

受賞が偏っている人をリストアップ―

冒頭の数字は他方の受賞回数。また、☆は『四百人一局集』収録漏れの作家。

■看寿賞なし
15 北原義治
8 近藤孝
6 OT松田、巨椋鴻之介
5 植田尚宏☆
4 北川邦男、小峯秀夫、林雄一
3 飯田岳一☆、小寺秀夫、小林正美☆、関半治、曽我正純☆、田島暁雄、田辺国夫☆、山中龍雄

■看寿賞1回
13 七條兼三
4 森長宏明
3 岡田敏、富樫昌利※、藤本和、森田正司
(※)『四百人一局集』の「看寿賞1回、塚田賞2回」は誤り。

■塚田賞なし
6 田島秀男
4 井上徹也
3 小林敏樹、近藤真一、中村雅哉

―最後の方々も(近藤氏以外は)、『近代将棋』での作品発表が皆無、というわけではありません―

◇田島秀男
1996.12「渡り鳥」195手・不詰
1997.12・27手・余詰

◇井上徹也
2004.09・119手

◇小林敏樹(詰将棋解答選手権第2~4回の他に)
1977.06・7手
1982.02・3手
1986.10・9手「詰朗会」
1986.11・13手
1987.03・13手

◇中村雅哉
1981.07・7手・余詰
1988.05・45手
1989.06・35手
2000.10・25手
2001.04・29手
2001.07・19手

―これからは「近将(塚田賞)を知らない看寿賞作家」が輩出するのでしょうか。

(おまけ:塚田賞連続受賞)

以前、看寿賞の連続受賞についてはまとめたので、塚田賞の方も―

上述の「名寄せ」により同一作者と見なしています。なお、#19までが塚田九段選のものです。

[凡例]
# :便宜上の付番
回:その作者の何回目の達成か?
 1回のみ⇒空欄、最終回⇒丸囲み
連:何期連続か?
 2期⇒空欄、3期⇒〇
内訳:1期分を一文字
 特別賞⇒別、特技賞⇒技、佳作賞⇒佳、新人賞⇒新
 多部門受賞⇒[]囲みで

#  作者  回 開始 連 内訳
1 北原義治 1 1956上 長佳
2 浮寝鳥   1958上 新中
3 巨椋鴻之介1 1959上 佳長
4 北原義治 2 1960上 短長
5 小林正美  1960下 短長
6 巨椋鴻之介②1961上 中短
7 山中龍雄  1962上 中長
8 山田修司  1962下⑤中中長長[中長]
9 柏川悦夫 1 1963上 短中
10古内正孝  1964上 中別
11柏川悦夫 ②1965下 中長
12北原義治 ③1966上〇別長中
13OT松田   1969下 短長
14田島暁雄  1971上 長長
15詰吉   1 1972下 長長
16岩城博哉  1973下 短短
17近藤孝   1974上 長長
18小寺秀夫  1974下 中短
19七條兼三 1 1976上〇長長[短長]
(続く)

(続き)

#  作者 回 開始 連 内訳
20墨江酔人2 1978上 長長
21上田吉一2 1978下〇短中長
22柳田明  1981下 技短
23上田吉一③1982下 長中
24森長宏明 1983下 中長
25素田黄  1983下 長長
26添川公司1 1985下④長長長長
27酒井克彦 1987上 中短
28駒場和男 1987下 長[中長]
29墨江酔人③1988上⑤長長長別長
30添川公司2 1991上⑤長長長長長
31富樫昌利 1993上 短短
32添川公司③2002年⑥長長長長長長

  以上

谷川さん

看寿賞は過去に例外があるものの、原則1年間の全作品から選ばれますが、塚田賞は近代将棋発表作限定ですね。
塚田賞の受賞回数からは、近代将棋に力を入れていたかどうかも、読むことができるかもしれません。
投稿してもなかなか採用されなかった、という話も聞きますが…。
また、受賞には対抗作の関係など、運も大きそうです。

中村氏は、詰パラ進出以前には、将棋世界へ多く発表されている印象です。

現在活躍されている中で、近代将棋を知らない方は既にいらっしゃるでしょうし、これから増えていくのでしょう。
プロフィール

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用させています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR