第30回詰将棋全国大会参加記(後編)

第30回詰将棋全国大会のレポート、最終回です。
続いての企画は詰将棋クイズ「アタック25」。
出場者は赤會場さん、緑田口さん、白水谷さん、青宮原さん。
優勝者には「ゆめまぼろし百番」、さらに最終問題も正解すると「将棋墨酔」。豪華ですね。
優勝者予想、私は田口さんに投票しました(お三方すみません)。

問題のスペースも25分割され、アタック25の番号順で徐々に見えてくるという形式。

最初は「君知るや知られる山本民雄作11手詰の初手は?」という問題。
宮原さんが解答「9九飛」不正解。田口さん「2七角」こちらは見事正解。
私は、9九飛は3手目だということは覚えていましたが、初手は全く分からず…。

右上から左下への斜一線が出現。會場さんが順調にパネルを重ねていきます。

3手詰・5手詰の初手を当てる問題と知識問題。
知識問題で覚えているのは…(少々文の違いがありますが)

駒場和男作「父帰る」の序盤で消去する駒の種類は?
岡田敏氏最初の作品集は?
全応手逆王手最長手数作品…の作者が持つ回文詰最長手数は?
次の作品の内、飛合が最も多い作品は? ①幻想飛行 ②旋回飛行 ③夜間飛行

といったところでしょうか。

會場さん、角を全て取り決まったかという感じ。
水谷さんも最後迫ったのですが届かず、會場さんが優勝となりました。透明駒パワーでしょうか。

図面を見て作品を当てよという最終問題、見えるのはほとんど両端のみでどうか…「寿」見事正解!
「玉方1一龍の配置で分かりました」というコメントに矜持を感じました。
当てずっぽうで「田島暁雄」とつぶやいた私は猛省が必要です。

企画、個人的好みとしてはストライクだったのですが、より知識問題の割合が多ければ良かったかと思いました。
これこそ好みですが。

この企画で一番印象に残ったのは、會場さんの最終問題もそうでしたが…。
右上5×5の密集形・持駒角で、玉が4三にいる局面での某氏の解答「1六角」でした。
盛り上げ方も心得ていらっしゃいます。

そして最後の企画、ミニ解答競技。
制限時間30秒で、3手詰・5手詰・協力詰がそれぞれ10題出されます。
3手詰・5手詰が馬屋原さん、協力詰が加賀さんの作品。
正解1点、不正解-1点、無解0点で計上されます。

私…右手にボールペンを持ったまま石化してしまいました。

右下の可愛らしい駒型のキャラクターによりヒントが。
10秒後に大ヒント!…ヒントじゃない~。
後手の持駒は歩だけ…数秒後に「じゃないよ」が追加。
「8番よりきれいな詰上り」それもヒントですかあ。

結局全問無解。名前以外真っ白の答案用紙に0の数字を書き込むのは、何とも言えない気持ちでした。
解答発表。5手詰で初手駒取り!
マニアなら8点以上は欲しいところなど、ど素人を再認識しました。

武藤さんが優勝、「誰という感じかもしれませんが…」いえいえれっきとした半期賞作家ですね。
2位は北浜八段、「一番解けたのが協力詰で…」というコメント。

机を移動させた後、写真撮影。
本大会は終了となりました。この後は懇親会が行われたのですが、割愛させて頂きます。
(色々と印象に残ることもありましたが)

人見知りが災いして、積極的にお声を掛けられなかったのが悔やまれます。
初参加だから仕方がないか…とも思うのですが。

懇親会にて、受け答えがしどろもどろになってしまった方もおりました。お詫び申し上げます。

運営スタッフの皆さん、本当にお疲れ様でした。
来年の参加は厳しそうですが、時間が合えば…と思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

全国大会お疲れ様でした。

アタック25は、後半は問題が足りず早解き競争になってしまいました。もう少し簡単な知識問題を増やしておけばよかったと反省です。

ミニ解答競技はやはりかなり難しかったようですね。
マニアなら~とは言っていますが、実際は最高得点予想でした。5手詰の最高得点5点は流石に予想外でした。実は初手以外も答えさせようとしていましたが、石黒さんに止められました。やはりそれで正解だったようです。

馬屋原さん

アタック25やミニ解答競技をはじめとする活躍、お疲れ様でした。
おかげ様で大会を楽しむことができました。
そして悲願成就、おめでとうございます。

アタック25、上にも書きましたが1六角には驚きました。
実際にやってみないと分からない部分もありますので。

ミニ解答競技、初手だけの解答で問題ありませんでしたね。
猛者揃いと言える中でのあの結果ですから…。

解答競争

僕は去年の全国大会での解答競争用5手詰を沢山作りましたが、1題ずつの制限時間ではなく全体の制限時間と思って作っていました。
1題あたり1分以内だと初手だけにしないと難問を作っても意味ないと実感しました。
2手目3手目を狙いにしたためボツにした作品もありますが、制限時間を考えると2手目3手目狙いの作がちょうど良いと思って選んだのもありました。

特に去年の最終問題は2手目の合駒を盤面を見て残っている合駒を当てるものです。
しかし、初手は分かり易く意地悪問題に見せかけた正解を答えるのは実はサービス問題としたパロディでした。

No title

hirotsumeshogiさん
>そして悲願成就、おめでとうございます。
ありがとうございます!
>アタック25、上にも書きましたが1六角には驚きました。
あれはすごい問題でしたね。おそらく金子さんの問題だと思います。

三輪さん

1題ずつの制限時間と全体の制限時間とでは、解答時に一問にどれだけ時間をかけるかがだいぶ違いますよね。大阪大会では確か5分で30題でしたので実質1問10秒ですね。
ちなみに去年は、30秒でわからなかったときは、頭の片隅に局面を覚えておき、次の問題を10秒位で解いてから、前の問題を考え直すという裏技(?)を使っていました。

昨年の問題が何問揃いでしたので、それに倣って私も歯応えのある問題をそろえてみました。
今回は時間がなかったので、2手目以降に狙いがある作品もそのまま出題しました。きっと初手に比重がかかった作品に差し替えていたらさらに凶悪なことになっていたことでしょう。

去年の最終問もとりあえず初手はわかったのでなんとか正解できました。

三輪さん

昨年のミニ解答競争に三輪さんが携わっておられた、というのはレポートで読みました。
私レベルですと1題ずつでも、全体でも解けないことには変わらなさそうです。

馬屋原さん

昨年の大会のレポートを改めて読んでみて、ミニ解答競争優勝者はああ…と思いました。
マイナス点数になるのを覚悟で手を書けば良かったかな、と今は思います。
プロフィール

hirotsumeshogi

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用させています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR