詰将棋パラダイス2014年7月号 ちょっとした感想

本日は、詰将棋パラダイス7月号のちょっとした感想を書きたいと思います。
まず初めに、通巻700号おめでとうございます。
これからも750号、800号と順調に積み重ねられることをお祈りいたします。

今月の詰将棋
表紙
初形6×6ではありませんが、作者名を見ると問題ないかという気になります。

700手作品展
長らく消息が途絶えていた方の登場!というのは…なさそうですね。

短期大学
おお、おお、おお、おお、おお!というメンバー。
解けないのが残念です。

大学院
コメントが気掛かりです。
武島氏が入選50回に到達。初入選が2011年8月号ですから、3年足らず(!)。
すでに確固たる地位を築いた感のある作者、今後も期待ですね。

詰将棋デパート
毎月豪華ですねえ。


看寿賞発表
20ページのボリューム。じっくりと理解していきたいです。
田島氏がダブル受賞。添川氏は実に11度目の受賞ですか。
唯一の初受賞である久保氏はなかなかの美青年に見えます。

私の初入選
当たり企画ではないでしょうか。
全日本下段玉連盟…ではないですね。S氏やA元氏がメンバーだったと見た記憶があります。
替え歌で締めは予想外でありました。

第30回詰将棋全国大会
いよいよ近づいて参りました。
11時前に到着する予定です。
会場の隅で小さくなっている姿が想像できます…。
かなりの人見知りですが、よろしくお願い致します。

結果稿
小学校
小18の作者は半期賞作家の方ですね。
言及がないのは、分かっていることが前提だからでしょうね。

中学校
これもあれもそれも割り切れている、という恐るべき作品の結果発表。
誤解が3点の時代であれば、もっと高い点数でしたか。

高等学校
平成の不思議流といった趣でしょうか。

短期大学
巣ごもりと聞いて、看寿賞受賞の2作品しか思い出せないのが悲しいです。
かつて、「詰将棋いろはカルタ」に取り上げられていましたね(復活希望です)。


裏表紙(表紙4が正しいでしょうか)は90年代を思い起こさます。


結果稿の出た作品が溜まっていきます。早く並べなければ…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hirotsumeshogi

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用させています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR