第82期以降の塚田賞受賞作品(14)(第95期)②

今回は第95期の中・長篇部門を取り上げます。
中篇賞 江口伸治作


第95期中篇賞 江口氏作

江口伸治作(平成14年1月号) 詰手順
3一角不成 1二玉 3二飛不成 2二歩 1三歩 同玉 3三飛成 1二玉
2二角成 同飛 1三歩 1一玉 2二龍 同玉 3二飛 2三玉 3五飛成 1三玉
3三龍 1二玉 2三馬 1一玉 2二馬まで23手詰
初手・3手目と大駒の連続不成でスタートします。2二歩をすぐに取らず、回り道をしてから取るのも面白いところです。


中篇次点 髙木秀夫作


第95期中篇次点 髙木氏作

髙木秀夫作(平成14年2月号) 詰手順
2三桂 同歩 2二銀 同玉 4四角 3三角 3四桂 1三玉 1四歩 同玉
2五銀 同玉 2六金 3四玉 3五金 4三玉 5三金 3二玉 3三角成 同桂
4四桂 2二玉 3一角 同玉 3二金まで25手詰
おっと思わせる初形。4四角は限定打、そして収束まできれいにできています。
「竹馬」第33番に収録されています。


長篇賞 添川公司作「明日香」


第95期長篇賞 添川氏作

添川公司作(平成14年12月号) 詰手順
1五金 同玉 1七香 1六金 1四成香 同玉 1六香 1五香 1三金 同玉
1五香 1四金 1二金 同玉 1四香 1三金 同香 同玉 1五香 1四香
同香 同玉 1六香 1五香 同香 同玉 1七香 1六香 同香 同玉
1八香 1七香 同香 同玉 1九香 1八香 6二馬 4四と寄 1六金 同玉
1八香 1七金 6一馬 3四と
「1五金 同玉 1七香 1六金 1四金 同玉 1六香 1五香 1三金 同玉
1五香 1四金 1二金 同玉 1四香 1三金 1一金 同玉 1三香 1二金」
(以下A1とする)
6六馬 5五と
「1二香 同玉 1四香 1三香 同香 同玉 1五香 1四香 同香 同玉
1六香 1五香 同香 同玉 1七香 1六香 同香 同玉 1八香 1七香
同香 同玉 1九香 1八香」(以下A2とする)
6二馬 4四と
「1六金 同玉 1八香 1七金 1五金 同玉 1七香 1六金 1四金 同玉
1六香 1五金 1三金 同玉 1五香 1四金 1二金 同玉 1四香 1三金」
(以下B1とする)
6七馬 4五と寄
「1三香 同玉 1五香 1四香 同香 同玉 1六香 1五香 同香 同玉
1七香 1六香 同香 同玉 1八香 1七香」(以下B2とする)
6一馬 3四と 「A1」 7七馬 5五と 「A2」
6二馬 4四と 「B1」 6七馬 4五と寄 「B2」
6一馬 3四と 「A1」 6六馬 5五と 「A2」
6二馬 4四と 8七龍 5七銀成 「B1」 6七馬 4五と寄 「B2」
6一馬 3四と 「A1」 7七馬 5五と 「A2」
6二馬 4四と 「B1」 7八馬 4五と寄 「B2」
6一馬 3四と 「A1」 8八馬 5五と 「A2」
6二馬 4四と 「B1」 7八馬 4五と寄 「B2」
6一馬 3四と 「A1」 7七馬 5五と 「A2」
6二馬 4四と 「B1」 6七馬 4五と寄 「B2」
6一馬 3四と 「A1」 6六馬 5五と 「A2」
5七龍 同金 1八香 同玉 2九金 同玉 3八銀打 3九玉 5七馬 2八玉
2九金 1七玉 1八香 2六玉 1六金 3五玉 4七桂 4五玉 6七馬 5六香
5五と 同桂 5六馬 5四玉 4三馬 6三玉 5五桂 6二玉 6一馬 5三玉
5四歩 同飛 4三馬 6四玉 5四馬 同玉 6六桂 6四玉 5四飛 7五玉
7四飛 同と 同馬 6六玉 5六馬 7五玉 6六銀 6四玉 6五銀 5三玉
4三と 6二玉 6三桂成 同玉 6四香 7三玉 7四銀 8二玉 8三銀成 7一玉
7二歩 8一玉 8二歩 同銀 同成銀 同玉 8三銀 9一玉 9二銀成 同金
同馬 同玉 9三歩 8一玉 8二歩 7二玉 8三金 7一玉 8一歩成 同玉
9二歩成 7一玉 8二とまで703手詰
近代将棋誌では「金馬車」以来(年賀曲詰展は除く)となる添川氏の作品。超長編での登場となりました。
縦追いに馬鋸を組み合わせたものと書くとあっさりしていそうですが、様々な工夫が施されており、難解性もある作品です。
そして80手に渡る雄大な収束。塚田賞のみならず、看寿賞とのダブル受賞も当然と言えましょう。
詳しい解説は全日本詰将棋連盟ホームページ内にありますので、そちらをご覧下さい。


長篇次点 曽我正純作


第95期長篇次点 曽我氏作

曽我正純作(平成14年8月号) 詰手順
4七銀 3九玉 4九と 同玉 5八角 3九玉 4九金 2九玉 3八銀 1九玉
2八銀 同玉 2九銀 同玉 4七角 2八玉 3九金 同玉 1九飛成 4八玉
2八龍 4七玉 4六と 同玉 5六と 同玉 5八龍 6六玉 7八桂 同金
7六と 同玉 7八龍 8五玉 9五金 同金 同と 同玉 7五龍 9四玉
8五金 9三玉 8三歩成 同成香 同と 同成桂 9五香 9四歩 同香 同成桂
同金 同玉 8六桂 8三玉 8四歩 9二玉 9三歩 同玉 9五龍 8二玉
8三歩成 同玉 9四龍 8二玉 7四桂 同と 8一と 同玉 7一香成 同玉
7四龍 6一玉 5三桂不成 同成銀 6二歩 同玉 5三と 同玉 4三歩成 同玉
4四銀 5二玉 7二龍 6二歩 4二と 同玉 6二龍 4一玉 3二香成 同金
同龍 同玉 3三歩成 2一玉 3二金 1二玉 2二金 同と 同と 1三玉
1四歩 2二玉 3三銀不成 2一玉 2二歩 1一玉 2三桂 1二玉 1三歩成 同玉
2四と 1二玉 1一桂成 同玉 2一歩成 同玉 3二銀不成 1一玉 1二歩 同玉
2三と 1一玉 2一香成 同玉 3二香成 1一玉 2二とまで127手詰
「力だめし詰将棋」初出題作。氏にとっては5局目の煙詰のようです。

詰上り図
第95期長篇次点 曽我氏作1
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作品集の発表が期待される大型作家

添川氏が現代最高峰の詰将棋作家の一人に数えられるのは間違いないと思いますが、作品集の発表が期待される大型作家の一人でもあります。

発表作品の数からみて、百番集では収まりそうにありませんが、完成すれば、『浪漫集』や『墨酔』、『ゆめまぼろし百番』をも凌ぐ名著となることでしょう。

名無しさん

添川氏の作品集、垂涎の書となることは間違いありませんね。
刊行を大いに期待しています。
プロフィール

hirotsumeshogi

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用させています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR