第82期以降の塚田賞受賞作品(9)(第90期)②

今回は第90期の中・長篇部門を取り上げます。
中篇次点 内田 昭作


第90期中篇次点 内田氏作

内田 昭作(平成9年8月号) 詰手順
9九角 2一玉 1二龍 同角 1一飛 3二玉 1二飛成 4三玉 2三龍 5四玉
3四龍 6三玉 8五角 7二玉 7三金 同玉 7四龍 8二玉 5五角 9二玉
9四龍 9三飛合 7四角 8一玉 8二角成 同玉 9三龍 同玉 8三飛 9二玉
8四飛成 9一玉 9三龍 8一玉 9二龍まで35手詰
初手9九角。もちろん8八や7七では詰みません。これだけでもおなかいっぱいではありますが、角と龍を捨てて鮮やかに収束するという技も見せています。


中篇次々点 中野和夫作


第90期中篇次々点 中野氏作

中野和夫作(平成9年8月号) 詰手順
3五桂 1三玉 1四歩 1二玉 7二龍 同角 1三歩成 同玉 1六飛 1四歩合
同飛 同玉 2三銀 1五玉 2六銀 1六玉 6一角 同角 1七銀引 1五玉
1六歩 同角 2六銀まで23手詰
打歩詰作品。1六歩を取らせる方法は8一角の角を動かすこと。動かすためには…と考えて、7二龍という素晴らしい手が浮かびます。
作者「2六銀、1六玉の次に7〇角とは打てない!それを可能にするのが7二龍です」
解いた方のコメントも1つだけ掲げます。
大森貴志「力強い傑作!1四歩と打たぬ紛れ、初手4一角に3二桂合の逃れ順、2手目3四玉の変化、そしてこの作意!
構成もすばらしい。
配置と作者名を見て感動できる予感がしたが、果たせるかな」


長篇次点 相馬康幸作「起承転結」


第90期長篇次点 相馬氏作

相馬康幸作(平成9年9月号) 詰手順
7五銀 1七玉 8七龍 2六玉 7六龍 1七玉 6七龍 2六玉 6六龍 1七玉
5七龍 2六玉 4六龍 1七玉 3七龍 1六玉 1五と 同玉 1七龍 2五玉
2七龍 1五玉 1四と 同玉 1六龍 2四玉 2六龍 1四玉 1三と 同玉
1五龍 2三玉 2五龍 1三玉 1二と 同玉 1四龍 2二玉 2一成桂 同玉
3一歩成 2二玉 3二と 同玉 1二龍 2二桂合 3一成桂 同玉 4一歩成 3二玉
4二と 同玉 2二龍 3二桂合 4一成桂 同玉 2一龍 3一桂合 5一歩成 4二玉
5二と 同玉 3二龍 4二歩合 5一成桂 同玉 3一龍 4一桂合 6一歩成 5二玉
6二と 同玉 4二龍 5二歩合 6一と 同玉 4一龍 7二玉 5二龍 7一玉
8一歩成 同玉 6一龍 8二玉 6二龍 9三玉 8五桂 同成銀 9四歩 同玉
8六桂 同成銀 9五歩 同玉 8七桂 同成銀 9二龍 同香 9六歩 同玉
8八桂 同成銀 9七香まで103手詰
何とも楽しい作品です。103手、飽きずに進められるのではないでしょうか。
作者「4つの趣向のオムニバス。趣向詰フリークに捧げます」
「Collection」No.12に収録されています。


長篇次々点 斎藤仁士作


第90期長篇次々点 斎藤氏作

斎藤仁士作(平成9年8月号) 詰手順
1四桂 同金 1一飛成 同玉 4四角 3三桂合 同角成 2一玉 3一香成 同角
1一馬 同玉 2三桂 2一玉 3一桂成 同玉 2三桂 2一玉 1一桂成 同玉
4四角 3三桂合 同角成 2一玉 2二馬 同玉 3三歩成 3一玉 2三桂 2一玉
1一桂成 同玉 2二と 同玉 3四桂 1一玉 2三桂 2一玉 3一桂成 1一玉
2一成桂 同玉 2三飛成 3一玉 2二龍まで45手詰
桂や角を捨てていく不規則繰り返し作品。実に見事にさばけます。3三桂合の応手も見応えがあります。



※お知らせ
「第82期以降の塚田賞受賞作品」についてですが、第90期まで掲載と区切りがいいこともあり、1週間ほどお休みを頂こうかと思います。必ず再開しますので、しばしお待ち下さい。
次回からは、毛色の異なる記事を書いていく予定です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hirotsumeshogi

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用させています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR