第82期以降の塚田賞受賞作品(4)(第85期)②

今回は第85期の中篇部門を取り上げます。
中篇賞 巨椋鴻之介作


第85期中篇賞 巨椋氏作

巨椋鴻之介作(平成7年5月号) 詰手順
6六金 4五玉 5五金 同玉 6四銀 同香 4六角 同玉 5七銀 3六玉
6九角 同香成 3七銀 2七玉 2八銀 同玉 4八飛 1七玉 1九飛 1八香合
同飛上 2七玉 2八飛右 1六玉 1九香 1七銀合 同香 同玉 1八飛 2七玉
3六銀 同玉 3八飛右 2七玉 3七飛 同玉 3八金 3六玉 4六飛まで39手詰
難解作。今回も作者のコメントをどうぞ。
作者「見落としやすい中合から生じる変化の奥へ二手一組の伏線をかけてありますが、その後の隅でのアヤにもこだわっていますから、いわゆる構想物といえるかは疑問です。むしろ4手目の応手選択、上記伏線、6九角に対する変化、1九香に対する合駒等で、次々に思考をゆさぶるのが主眼と言えましょうか。総じて人工を控え、四隅に及ぶ盤の自然を利用した作で、比較的簡素な配置にかなりの量の内容を包み得たかと思います」
寄せられた短評を一つ掲載します。
室井哲哉「超難問で、これぞ中編の決定版とも言うべき秀作。6四銀~4六角~5七銀は宗看で、6九角以下は看寿の雰囲気を感じる」
「禁じられた遊び」禁じられた遊び第59番に収録されています。


中篇次点 小倉克夫作


第85期中篇次点 小倉氏作

小倉克夫作(平成7年3月号) 詰手順
4三金 2二玉 3三金 同桂 4二飛成 3二銀 3一角 2三玉 1二銀 同香
2二角成 同玉 1一角 2三玉 3三角成 同銀 3二銀 2二玉 3四桂 同銀
3一銀不成 1三玉 2二龍まで23手詰
実戦型の好局という言葉が似合う気がする、初入選とは思えない作品です。


中篇次点 柏川香悦作


第85期中篇次点 柏川氏作

柏川香悦作(平成7年4月号) 詰手順
3二角 1二玉 2二桂成 同角 1四飛 1三角 2一銀 2二玉 3一銀 同玉
4二龍 同玉 4四飛 同銀 4三香 3一玉 4一香成 2二玉 1四桂 同金
2三香まで21手詰
後の4四への移動を考えた5手目1四飛。邪魔駒消去のための飛先飛香です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hirotsumeshogi

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用させています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR