長編詰将棋の鑑賞 第9回

「長編詰将棋の鑑賞」、第9回は巨椋鴻之介氏の作品を紹介したいと思います。
氏は昭和9(1934)年生まれ、平成22(2010)年に亡くなられました。
構想作、趣向作共に優れた作品を発表されました。
塚田賞は6回、半期賞は5回受賞しています。



「風立ちぬ」巨椋鴻之介氏作 近代将棋昭和34年11月号
第14期塚田賞長篇賞受賞
禁じられた遊び(※1)・禁じられた遊び第36番
近代将棋図式精選長篇の部第22番

華麗な手順で次々と駒が消えていきます。
まさか煙るとは。

「長編詰将棋の鑑賞」は、次回で一区切りとさせて頂きたいと思います。


※1 禁じられた遊び
巨椋鴻之介氏の作品集。「原点と習作」16局、「禁じられた遊び」62局の合わせて78局を収録。
解説を含めた文章は詰将棋マニア必見と言えそうです。

0 Comments

Leave a comment