続・塚田賞作品の魅力の掲載を終えて

8月上旬から、約3ヶ月に渡って行ってきた「続・塚田賞作品の魅力」の掲載も、ついに最終回を迎えました。
途中、風邪を引くなどしてしまいましたが、何とかほぼ毎日更新することができました。
「近代将棋図式精選」に未収録の、第55期以降の作品が断片的にしか分からない方が多い(であろう)のはもったいないという思いでした。

何箇所か追記の必要な所がありますが、出来るだけ早くに行いたいと思います。

本文でも触れられていましたが、打ち切りというのは何ともと思います。
連載終了の直後から、近代将棋誌の詰将棋欄は大きく縮小されてしまいました。

さて、第82期以降の塚田賞作品についてなのですが…。
不定期になりますが、少しずつ紹介して行きたいと思います。
作品発表当時の空気が少しでも伝わればという思いです。

頻度は下がりますが、もちろん当ブログはこれからも更新していきます。
よろしくお願い致します。

次回からは岡田敏氏の連載「簡素図式精選」の更新を予定しております。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れさまです

この塚田賞の原稿は、森田さんは本にする予定だったと思いますが、
出せませんでした。
こうして眺められるのは大変ありがたいこと。入力お疲れさまでした。

ありがとうございました

貴重な資料をどうもありがとうございました。
とても参考になります。

No title

コメントありがとうございます。

解答欄魔さんへ
本になっていれば「近代将棋図式精選」と同様の、いえそれ以上のものになったのではないかと思うと残念でなりません。
塚田賞について知る方が少しでも増えれば嬉しいです。

TKさんへ
そう言って頂けると有難いです。
プロフィール

hirotsumeshogi

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用させています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR