続・塚田賞作品の魅力(28)(近代将棋平成9年7月号)③

今回は長篇部門を取り上げます。
第78期(平成3年7~12月号)

長篇賞 添川公司作
「樹氷」



添川公司作(H3・10) 詰手順
78銀 同と 67と寄 87玉 78と 同玉 69と 87玉 78と 同玉
68と寄 87玉 78金 97玉 88と 96玉 97歩 同と 同と 同玉
88金 96玉 97歩 同金 同金 同玉 88金 86玉 77と上 ㉚同歩成
同と 96玉 ㉝87と 同桂成 同金 95玉 96歩 同金 同金 同玉
87金 85玉 75と上 同と ㊺77桂 95玉(途中1図)

途中1図(46手目95玉まで)
第78期添川氏作1

(1)94と 同玉 95歩 同玉 96歩 94玉 86桂 同と 95歩 同玉 86金 94玉
(2)93と 同玉 94歩 同玉 95歩 93玉 85桂 同桂 94歩 同玉 85金 93玉
83香成 [72]同桂 84金 82玉(途中2図)

途中2図(74手目82玉まで)
第78期添川氏作2

72銀成 [76]同金 83金 91玉 92歩 同成銀
同金 同玉 83銀 91玉 82銀成 同金 同香成 同玉 94桂 71玉
63桂 同成銀 72金 同玉 63と寄 81玉 72銀 91玉 82桂成 同玉
83と 91玉 81銀成 同玉 72と右 91玉 82とまで107手詰
煙詰作家としても一家をなした添川氏にとって四局目の小駒煙。縦型では二局目です。
序盤は下段の密集形のほぐしから始まります。多少の変化はありますが、それほど難しい手はなく、㉚96玉も87と以下、作意同様に追って77桂の局面で67とがあるので、75と、同玉、76金、64玉 54とまでの早詰みです。
途中1図からと金を捨てて、桂捨てと歩の打ち直しを組み合わせて香先の金を押してゆく12手の捌き手順を二サイクル繰り返すのが趣向的で心地良く、83香成に[72]同との変化も84金、同と、同と、82玉、81成香…と克服して途中2図。後は収束…と思ったら、そうは問屋が卸してくれません。
途中2図の72銀成はかなり抵抗感ある手で、[76]同成銀上、83金(91玉、92歩、81玉、72金…)、71玉、63桂、同成銀直、72金、同金、81成香…や、[76]同成銀寄、81成香、同玉、73桂(同成銀は82銀…)、71玉、61桂成、同玉、52銀、71玉、62金、同成銀、同と…の変化を読み切らねばなりません。その後もさらに30手を越える捌きを経て、と金二枚で詰上がったときは溜息がでました。
黒川一郎氏の一号局以来、確か十八局目の小駒煙ですが、それまでにない収束での創作は素晴らしく、非限定も[53]87金と㊺97桂のみ。前期に続いて九回目の受賞となりました。
岡田敏「難解な手順の小駒煙」
服部敦「収束の巧妙さには軽い衝撃を覚えた」
兼井千澄「新しい縦型小駒煙」


長篇次点 竹田龍治作


竹田龍治作(H3・8) 詰手順
13歩 22玉 25香 ④24桂合 同香 ⑥23桂合 34桂 13玉 23香成 同玉
24金 12玉(途中1図)

途中1図(12手目12玉まで)
第78期竹田氏作1

22桂成 同玉 33角成 12玉 34馬 22玉 44馬 12玉 45馬 22玉
34桂 12玉 42桂成 22玉 44馬 12玉 34馬 22玉 32成桂 同玉
76角(途中2図)

途中2図(33手目76角まで)
第78期竹田氏作2

㉞41玉 42歩 同玉 33金 53玉 43馬 64玉
65馬 53玉 43金 63玉 85角 72玉 83馬 81玉 63角成 同銀
82馬 同玉 83歩成 91玉 82とまで55手詰
一段目に歩が並び、9筋まで広がった配置を訝りつつ、とりあえず42角を拠点にして手を進めてみます。まず13歩の打診から25香、④23合では33金、13玉、23金、同角、24角成…なので、24桂の中合ですが、④24金合、同香、23桂合、同香成、同角、33金、13玉、23金、同玉、24金(④24飛合のときは33飛…)、32玉、33金、41玉、31角成、同玉、23桂、41玉、32角、52玉、43角成…の変化も読まねばなりません。続く23桂合のところでも、⑥23角(合)がありますが、これは同香成、同玉、24金、32玉、33金…で、先程と同じ筋で詰みます。
途中1図からは一旦打った桂を成り捨て、33角成から45までのミニ馬鋸。再度の34桂を42へ成り、34馬まで戻して角を取るまでが前戯です。
途中2図が本局のクライマックス。まず33金、41玉、23角(74角は63歩合で駄目)、32香合、同角成、同歩、45香、43歩合…の紛れに嵌まった末に、76角と打つのに気付きました。これは後の手順を追えば判るように、65馬引きと85角と覗くための限定打です。㉞43歩合は33金、41玉、42歩…、㉞65歩合も33金、41玉、85角、52桂合(今度は二歩禁で63歩合が出来ない!)、23馬、32桂合、同馬…で早く詰みます。
収束はやや軽い感じですが、角も馬も捨てての爽やかな詰上り。中篇的な味わいの佳作です。
岡田敏「簡潔な形に遠角限定打を挿入したのは見事」
服部敦「限定打もさる事ながら、全体を貫く均整美に感銘を受けた」
谷口均「見せ場の多い、楽しい手順の作品」
北原義治「軽量級長篇だが、風味は悪かァない」
伊藤果「50手台ながら、充分賞に値する出来映えと思う」

〔追記〕
磯田征一氏から昨年の本稿に対して次のご指摘がありました。感謝して訂正いたします。
・7月号=墨江酔人作を「史上初の全駒使用四金詰」としているが、前年の4月号に飯田岳一作がある。
・8月号=杉山正作を「小駒図式の最長手数記録」としているが、詰パラ92年10月の河原泰之作185手に破られている。



小駒図式、詰将棋おもちゃ箱「記録に挑戦!」によれば現在の最長手数は235手(双玉は275手)だそうです。


次回からは第29回(第79期)に入ります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hirotsumeshogi

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用させています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR