続・塚田賞作品の魅力(27)(近代将棋平成9年5月号)②

今回は中篇部門を取り上げます。
第77期(平成3年1~6月号)

中篇賞 林 雄一作


林 雄一作(H3・3) 詰手順
49金 同と 68銀 69玉 57銀 ⑥59玉 37角(途中図)
⑧同桂成 68銀 69玉 77銀 59玉 58金 同玉 57馬 59玉 68銀 69玉
79銀 59玉 69飛 同玉 68馬まで23手詰
⑥79玉は97角、88飛成、同角、同玉、87飛、同玉、83飛以下
・58玉は36角、47銀合、68飛、59玉、58金、同銀、同飛、69玉、98飛、59玉、48銀打、同と、同銀まで
⑧58玉は68飛、47玉、48銀、同と、同馬、36玉、26金まで
48とは68銀、69玉、77銀、58玉、68金、59玉、48馬まで
49金でと金を動かして68銀と据える軽い序奏の後、常識的に77銀と開くと59玉で詰みません。79金と打って同飛成、同銀、同玉、97角も78玉…で駄目となると、57銀しかありません。そこで⑥78玉…や58玉…の変化を克服し、59玉のときに桂の利きへ37角と打つのが絶妙手(途中図)。これは⑧58玉…の変化に備えた限定打で、ここでは⑧48と…という見落としそうな変化もあります。

途中図(7手目37角まで)
第77期林氏作1-1

57への桂の利きがなくなったので、今度は68銀…77銀…で馬を57に引き、再度の68銀…から79銀で最後は飛車も捨てる綺麗な詰上り。既成の収束を基にパズル的な銀の動きを柱にして、紛れと変化もたっぷりの見事な入玉図式に仕上げた傑作です。
兼井千澄「銀の繰換えの中に37角という限定打を含んだ構成で、センスの良さが光る」
伊藤果「銀の動きが実に見事」
服部敦「舞うような銀の動きの裏に高い知性を感じる」
谷口均「やりたい手を逆算して行ったにしては無理な創りをした感じもなく、鮮やかに狙いの手順が決まったと言える。推敲の賜物か」


中篇次点 林 雄一作


林 雄一作(H3・6) 詰手順
32銀成 ②同銀 23歩 ④同銀 31銀 ⑥同玉 41角成 22玉(途中図)
14桂 ⑩同歩 34桂 12玉 13香 同桂 22桂成 同玉 23馬 同玉 34銀 12玉
32龍 22香合 23銀成まで23手詰
②12玉は22成銀、同玉、31銀以下、作意通りで歩余る(9手目から23馬、同玉、34銀…の早詰もある)
④同玉は45角成、14玉、26桂、15玉、16銀、同玉、28桂以下
⑥12玉は23馬、同玉、34銀、14玉、16香、15合、26桂まで
初手14桂…や31銀…の紛れに悩んだ末に32銀成から23歩を発見し、それぞれの変化を読み切って、やっと一息。なんのことはない、初形から41銀が消えただけなのです。

途中図(8手目22玉まで)
第77期林氏作2-1

31銀から41角成とした途中図で、変化に現れた23馬…34銀の筋に入ると22玉…で駄目。それを含みにした14桂が好手で、その後も34桂から13香で21桂を跳ねさせ、22桂成と捌いてから漸く23馬と銀が取れて収束しました。
銀の邪魔駒消去に始まり、適度な変化と紛れを含んだ妙手順を形の良い実戦型に仕上げた好作です。
岡田敏「実戦型にしては難解な手が入っていながら、嫌味を感じさせないのが良い」
桑原辰雄「地味ながら、しっかりした手順と形」
谷口均「綺麗な実戦型から難解で華やかな手順が現れる。やはり作者の執念を感じる」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hirotsumeshogi

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用させています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR