続・塚田賞作品の魅力(23)(近代将棋平成9年1月号)②

今回は中篇部門を取り上げます。
第73期(平成元年1~6月号)

中篇賞 林 雄一作


林 雄一作(平成元年1月号) 詰手順
3二飛打 ②2四玉 1三飛成 同玉 2二銀 2四玉 1三銀 同玉 3一馬
2二金合(途中図)

途中図(10手目2二金合まで)
第73期林氏作

同馬 2四玉 1五金 同歩 3五金 1四玉 1三馬 同玉 1二飛成まで19手詰
実戦なら4二飛成と金を取るか3六飛と頭を押さえにかかる形で、初手3二飛打ちは②4三玉と逃げられそうで、ちょっと指しづらい手です(これは5三金…の絶妙手があり、また②同金なら、同飛成、2四玉、1五金、同歩、3五金、1四玉、2三龍、同玉、2二銀成以下)。
作意は2四玉と躱し、軽く1三飛成…2二銀…で攻め駒を消去して3一馬と寄るのに対して2二金合の強防が出ます(途中図、⑩2二桂合は1二と、2四玉、4二馬…で早い)。この金を入手し、最後に1五金と1三馬の軽手があって鮮やかな詰みになりました。
作者としては2二金合が狙いの小品のつもりが、邪魔駒消去だけでなく、1六角の絶妙の配置のお蔭で3二飛打ちの初手まで入れることが出来た完成品です。
柏川香悦「捨駒の多い作意手順の中に主眼3一銀消去と返し技2二金捨て合の高級手筋を組み合わせたのは効果満点」
金田秀信「作意と変化手順のバランスも申し分なく、ふくらみのある作」


中篇次点 角 建逸作


角 建逸作(平成元年5月号) 詰手順
3一銀 同玉 3二銀 ④同玉 4一角 2二玉 2三歩 ⑧1二玉 1四龍 ⑩1三飛合
同龍 同角 4二飛 ⑭2二桂合(途中図)

途中図(14手目2二桂合まで)
第73期角氏作

同歩成 同角 2四桂 1三玉 2二飛成 同玉 3一角 同玉 3二角成まで23手詰
作者お得意の端正な実戦型。主駒の龍が遠いので、銀二枚を打ち捨てて手掛かりを作ります(④2二玉は2三歩、1二玉、1四龍、1三飛合、2二歩成、同玉、3一角以下)。4一角と据えて2三歩に⑧1三玉、1四龍、同玉、2二歩成…が狙いの筋ですが、1二玉で、最初の変化と同じ1四龍、1三飛合の形になります(⑩金合は同龍、同玉、1四金…で早い)。飛合の場合は1三同角で、4二飛には桂合の一手となります(途中図、⑭2二香合はバラして2四香…で簡単)。
途中図からはこの桂を入手して2四桂と据えれば3一角の軽手が生じて終わります。駒取りが続きながら快いテンポの佳作でした。
岡田敏「端正な実戦型に粘りある手順を表現している」
吉田健「ベテランらしい手腕の確かさがキワ立っている」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hirotsumeshogi

Author:hirotsumeshogi
少ない知識をフル活用させています。
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは詰将棋関係のものであれば原則受けさせて頂きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR